2011 高校生日本代表 [高校]

橋本晃佑・渡邊雄太・富樫勇樹日本代表グループ3に選出された高校生

高校生日本代表、2011年夏の挑戦

8月6日から台湾で開催されているジョーンズカップには、日本代表グループ3に名を連ねた高校生、橋本晃佑(宇都宮工)、渡邊雄太(尽誠学園)、富樫勇樹(モントロス・クリスチャン)の3人が選出された。高校生たちはどのような意欲を持って日本代表に臨んでいるのか。能代市のインターハイ会場で、日本代表の3選手に、インターハイのこと、ジョーンズカップに向けての抱負を聞いた。

文・写真/小永吉陽子   Text ・ Photo/Yoko Konagayoshi

高校生日本代表インタビュー<1>――橋本晃佑
(はしもと・こうすけ/宇都宮工高3年/201㎝/C)

初の全国ベスト4の立役者。抜群のシュートタッチを持つ201㎝

 中学時代に全中オールスターで注目を集め、U16、U18代表としてアジア選手権に出場。千村隆コーチが指導する地元の宇都宮工に進学してからは、「橋本が3年になった時は勝負の年」と言われ続けてきた。関東を制覇し、第一シードで臨んだインターハイでは、強豪・洛南を倒し、チーム初のベスト4へ躍進する原動力となった。

 橋本の魅力は何といってもシュートタッチの良さ。201㎝の長身とリーチの長さを生かして放たれるアウトサイドシュートは高確率。ベスト4をかけた洛南戦、ダブルチームに来られながらも、残り0.4秒で決めた3Pシュートは、まさに打点の高い橋本の真骨頂だった。

 昨年まではフィジカルプレイから逃げてアウトサイドに出ることが多かったが、3年生になって成長したのは、勝負する時間帯にコツコツとインサイドで体を張れるようになったこと。そして、ディフェンスの状況を見て、アウトサイドに飛び出して躊躇せずにシュートを打つようになったことだ。まだまだ線は細いが、インサイドで体を張り、エースとしてチームメイトに声掛けする姿勢からはたくましさも出てきてた。

 準決勝・福岡第一戦には力及ばず、56-78で完敗。試合後にインタビューした。

「日本代表選手は生活からしっかりしなきゃいけない
ジョーンズカップでは今の自分に何ができるか試してきたい」

――初の全国大会ベスト4。これまで下位回戦で負けていましたが、今年のチームの成長をどのように感じていますか?

3年間スタートで出てきたんですけど、1年の時はこの(全国大会)独特のオーラにやられちゃって、2年の時はだんだん慣れてきたんですけど勝てなくて、3年になってようやく新チームになってから仕上がってきて、ディフェンス強化が実ってきました。3年目になってチームも伸びている手応えがあります。洛南戦では2Qで相手を8点に抑えることができたので、練習してきたディフェンスが出てきたと思いました。

――準決勝の福岡第一戦では2Qから攻められなくなってしまいました。何が悪かったのでしょうか?

2Qで先生の指示待ちになってしまって、5人とも脚が止まって、最後に1対1になってしまいました。そこでインターセプトとかされて、アウトナンバーになって速攻をポンポン出されてしまいました。2Qに自分たちは6点しか取れなくて、その流れでズルズルいってしまったのが痛かったです……。

――初のベスト4を経験。このクラスになるとマークも厳しくなり、橋本選手へのダブルチームは当たり前。ここで対策とかはあったのですか?

ダブルチームで守られた時に空いている選手にパスが出せませんでした。自分が行こうという気持ちが強すぎて…。次の課題はダブルチームに来られた時に冷静になることです。自分がパスを出して、チームメイトに気持ちよく打ってもらうこともチームの攻め方なので、そういうことをやらないといけないと思いました。関東でダブルチームされることはあったんですけど、やっぱり全国となると、洛南も福岡第一もディフェンスは強かったです。

――準々決勝の洛南戦では、残り0.4秒で逆転3Pシュートを決めました。最後は自分で打とうと思ったのですか?

時間がなかったので、ダメもとで打ちました。向こうのシュートが入って逆転されて、うちのボール運びがハーフより手前にいた時に時計を見たら8秒くらいだったのは覚えています。そこからボールを回したけれど、中でボールがもらえなかったので、外に出て、空いているのが僕しかいなかったので打ちました。

――入った瞬間は?

ビックリしたのと、うれしい気持ちと。でも、ビックリしたのがいちばんですかね(笑)。入れた瞬間、時計を見たら0.4秒で、これは来た(勝った)かなと。

――関東大会を制し、チームとして初の第一シードで戦うプレッシャーはありましたか?

多少はありましたね。関東大会を制覇したから、頑張らないといけないと思いました。でも、第一シードといっても、目の前の試合を集中して、次の試合のことは考えないでやってきました。

――インターハイで得た課題は何ですか?

全国大会の強豪チームにディフェンスで当たられた時に、どうやってチームで攻めるかが新しい課題です。僕たちの代になって負けたのがはじめてなんです。でも、みんな悔やんではいなくて、この負けで自分たちの新しい課題を見つけられたし、プラスにしていこうと話し合ったので、ウインターカップでは課題をクリアするために練習していきたいです。

――話は日本代表のことに移りますが、今年は日本代表のグループ3に選ばれました。選ばれた時の感想は。

まず、やっていけるかな、という不安はありました。実際に合宿に出てみては、選ばれたからにはしっかりやらなきゃいけないと思ったし、代表というのを背負っているので、生活態度からしっかりしなきゃいけないと思いました。周りからもそういう目で見られるし、日本のトップなんだという気持ちを忘れずに、生活からしっかりしなきゃいけないと思いました。

――日本代表の練習での手応えや、学んだことは?

学んだことは「インサイドで体を張る」ということです。そうですね、いちばんは体を張ることが大切だと学びました。あとはジャパンのセットプレイを覚えました。セットプレイでは外からシュートは打てましたが、リバウンドとなると、どうしても弱かったです。

――宇都宮工ではセンターをやりながらも、状況によってアウトサイドに出るスタイル。代表では主にどこのポジションの練習をしているのですか?

まず、インサイドのプレイを「しっかりと体を張ってやること」と、言われながら練習しています。相手がでっかくて外に出てもチェックがこなかったら外から打とうと思いますが、そんなに外に出たいという気持ちはないです。ディフェンスを見ながらやりたいと思います。どこのポジションという希望はあまりなくて、オールラウンドなプレイヤーになりたいです。

――ジョーンズカップで試したいことは何ですか?

相手はほとんどA代表でくると聞きました。(ここで、橋本選手からの逆取材で、「ジョーンズカップに出てくる国って強いですよね?」と質問されたので「イラン、ヨルダン、韓国、チャイニーズ・タイペイ、フィリピンはアジア選手権に出るA代表がチーム強化として出場すると説明」)

うーん……そこで勝つのはなかなか難しいかもしれません。自分としては勝ち負けにこだわらなきゃいけないと思いますが、自分がどこまでできるか、それを経験してみたいです。上の代表でやるには、どういうふうにプレイすればいいのか確認して、今の自分に何ができるのか試したいです。

1 / 3123