アメリカ留学 [大学]

谷口大智アリゾナ・ウェスタン大

今いる場所は、高校からは想像できないレベルまで来ている

日本でいえば大学3年生と同期の谷口大智と早川ジミー。日本の同世代とは違う世界での経験に苦しみながら、壁にぶつかりながらも、3年目のアメリカで前向きに進んでいる。スラムダンク奨学金2期生として海を渡った「ダイチの今」を追った。

文・写真/宮地陽子  Text & Photo / Yoko Miyaji

谷口大智(右)と早川ジミーはアリゾナ・ウェスタン大でプレイ。遠征のメンバーに入って試合にも出ている

谷口大智にとって、アメリカに渡って3シーズン目が始まった。スラムダンク奨学生としてプレップスクールのサウスケント・スクールで14か月を過ごし、去年秋からはアリゾナ州ユマにあるNJCAA(2年生短大)のディビジョンIチーム、アリゾナ・ウェスタン大に在籍。昨シーズンは32試合全試合に出場し、全米大会まであと一歩のところまで行ったものの、惜しくも地区大会決勝で敗退した。

 日本では長身を生かしたセンター一筋だったが、アメリカではシュート力を買われて外のポジションで使われることも多い。昨シーズンは初めて2番(シューティングガード)のポジションも経験し、シーズン通してチーム最多の32本の3ポイントシュート(成功率38%)を決めた。

 アリゾナ・ウェスタン最後のシーズンとなる今シーズンは、ヘッドコーチの交代とチーム内での役割が変わったこともあり、バスケ人生最大の壁に当たったという。それはいったいどんな壁だったのか。そして、その悩みにどう向き合っているのか。さらには、アメリカで経験できていること、日本のバスケットボール界に対する思いなどをたっぷり聞いた。


はじめてぶつかったバスケット人生最大の壁。でもそれが楽しい              

壁にぶつかり、悩みながらも、前向きに進んでいる谷口大智

──アリゾナ・ウェスタン大2年目の今シーズン、ヘッドコーチが交代(*1)しましたが、どうですか。

コーチが代わって、去年と比べると同じチームじゃないぐらいに変わったから、混乱するところも多々あります。

──個人的にも役割が変わった?

去年は2番(シューティングガード)で、外で待っていてパスをもらい、スリーポイントを打つのが役割でした。3番のやつもボール運びができたんで、ボール運びに参加する必要はないからシュートだけ打っていて決めてくれればいいと言われて。去年のチームは、ディフェンスはゾーンしかしなかったから、2-3ゾーンのトップのガードをやっていました。

今シーズンの最初は自分が3番(スモールフォワード)で、(早川)ジミーが4番(パワーフォワード)で使われていました。でも、コーチから「お前はドリブルが苦手だからドリブルをするな」って言われるんですよ。ま、実際ドリブル苦手だし(苦笑)。小学校のときからガードみたいにドリブルの練習をしていたわけではないから…。今、自主練で左右それぞれドリブルついたりしているんですけれど、そんな簡単には追いつくものじゃないし、他のガードたちに比べたら全然じゃないですか。だから、外をやるにはまだ厳しいものがあるんだろうな、と思って。

──それで4番に変わった?

僕、ピック&ロールのドリブルつくほうがめちゃめちゃ苦手なんです。(チーム内では)「ダイチはドリブルが下手だ」っていうのがわかっているから、(練習のときに)ダブルチームかけられるんですよ。そこを突破できない。突破できたとしても、苦し紛れの突破で余裕がない。そういうのが積み重なって4番に戻ったんだと思います。

──今シーズン、個人的に一番苦労していることは何ですか?

去年までだったら、自分の今年の最終目標はこんな感じのプレイヤーになれればいいとか、これを身につけて帰りたいとか思っていたんですけれど、今年はそのイメージがまったくわかない。去年はコーチに3ポイントを認めてもらったので、シュートをもっと打っていけるポジションになろうと思い、最終的にコーチからも、この身長で外からも打てるプレイヤーで、ゾーンで守れば2番のポジションならできるっていう感じで、コーチの要求と自分のプレイが一致した感じの終わり方だったんです。

今年は(シーズン序盤に)3番をやったんですけれど、理想が想像できない。今年の終わりにはこうなっているんだろうなっていう想像がまったくできない。想像できないと、これで大丈夫なのかなって心配になってくる。シュートが入るのは、今のヘッドコーチも去年からアシスタントコーチをしていたから知っているじゃないですか。だから、それだけじゃなくて、何か新しいことを身につけないと自分のポジションも危うくなってくるなと思っていたので。それで今、ずっと雪次郎(矢代雪次郎。スラムダンク奨学金3期生のガード)と一緒にドリブルをやったりしているんです。でも、まぁ、そんなに簡単に身につかなくて。

最初は本当に悩みましたね。理想が想像できないとどういう練習をしたらいいのかもわからない。昔から理想のプレイヤーも誰もいない。ずっと悩んでいて、ブログもまったく更新しなくなって、一人で考える時間が多くなって。自分の気持ちの面では、シーズン最初の頃がいちばん辛かったです。

──その悩みは、今は少し解決されてきた?

4番に変わってからは、少し想像ができてきているんですよね。去年だったらシュートだけって感じだったんですけれど、今年は下半身のトレーニングを多くしているんで、それをどこかに生かしたいなっていう風にずっと思っています。コーチはリバウンドをもっと取ってほしいって言ってくれたんで、それで変わりましたね。ドリブルもやり続けるけれどその先が想像できないから、シュートもできてリバウンドにも跳び込めるというのを目指そうっていう風に変わったら、少しプラス思考になってきています。

そうやって悩んでいるときって僕、気づいたらいつも親に電話しているんですよね。

昨年は2番で3Pを打つ役割。今年は3番から始まり、今は4番でプレイ。自主練ではドリブル練習は欠かさない

──電話して、バスケットの話をしたの?

そうですね。基本的にバスケの話もします。母さんとは特にそうですね。バスケの話をして「今壁にぶち当たっていて、去年までだったら乗り越えられる自信があったけれど、今回は全然想像がつかないから、どうなるか本当にわからない」って真剣な話をしたんです。

僕、ふだんから真面目なキャラではなくて、よく言ったら人見知りしないっていうんですか。どこにいても明るいタイプなんで、だから(悩みの相談に)おかんも真剣に受けたんですかね。けっこう真面目に返してくれました。最終的に「あんたが満足いくまでやるんだったらなんぼでも応援するし、とことんやりなさい」という風に言われました。

友達にも「頑張れ」って言ってもらっていて、去年までだったら、その頑張れっていう言葉だけで「よっしゃ、今からやったろう」って思ったんですけれど、今年はそれがまったくそうはいかなかった。でも、おかんがそれを言った瞬間に、「俺も超頑張らな」っていう感じにはなれたんです。なんで、普段から反抗している親に励まされるだけで、ちょっとでも頑張れるんかなって。

そこで一回吹っ切れて、やるんだったら、シーズン最後の自分のプレイの想像なんて、もうどうでもいいやと思って。とことんやりこんで、失敗していたら、そのときはそのときやっていう感じで吹っ切れました。

──その時の壁はバスケ人生で一番大きな壁? サウスケントにいたときでも、それほどの壁にはぶつかっていなかったよね?

はい、そこまでは壁なかったです。(これほどの壁は)初めてですね。去年(アリゾナウェスタン1年目)も、サウスケントのときも、どうしたら試合に出れるのだろうかとか、どうしたらもっとコーチにアピールして使ってもらえるようになるのだろうかと悩んでいたのですけれど、今年初めて、どうしたら自分がもっと上に行けるだろうっていう壁に、ぶち当たったと思うんですよ。

──それは試合に出る、出ないだけじゃなくて、この先を考えたときの壁ということ?

はい。めちゃめちゃ、想像できないぐらい大きくて、てっぺん見えない壁なんですけれど、絶対に乗り越えないと一歩前には行けないだろうなっていう壁。初めてぶち当たりました。…でも、これが楽しいんですよね(笑)

(*1)昨シーズンまでアリゾナ・ウェスタン大でヘッドコーチだったケリー・グリーンは、その実績を認められ、昨シーズン後にサウスイースタン・オクラホマステイト大(NCAAディビジョン2の大学。OBにデニス・ロッドマンがいる)のヘッドコーチに抜擢され、アリゾナ・ウェスタン大のヘッドコーチには、昨季のアシスタントコーチ、チャールズ・ハラルが昇格。

1 / 3123