2011-2012 JBL CLOSE UP PLAYER [JBL]

岡田優介トヨタ自動車アルバルク

モットーは文武両道な生き方──『もっといい自分』を探していくのはおもしろい

JBLで熱い戦いを見せながら、一方で公認会計士の資格を持ち、『岡田優介会計塾』の講師として教壇に立つ多才ぶりを発揮。日々、新しい自分へと向かっているバスケットボール界の “ミスター文武両道” 岡田優介をロングインタビュー。

文/松原貴実  写真/加藤誠夫、小永吉陽子  

 トヨタ自動車アルバルクの主力選手であると同時に、超難関と言われる国家試験に合格し公認会計士の資格も持つ岡田優介。現在は毎週JBLの舞台で熱い戦いを見せながら、一方で自ら開講した『岡田優介会計塾』の講師として教壇に立つ多才ぶりを発揮している。「どちらも全力投球」と答える笑顔は、まるで努力するのを楽しんでいるかのようだ。
自分にとっていかに苦しい場面でも、その中に必ずいくつもの『おもしろい』や『楽しい』を見つけ出す。バスケット界の“ミスター文武両道”が語る言葉には新年のスタートにふさわしいたくさんの『ポジティブ』があふれていた。

精度を上げるのはもちろん、
判断力のあるシューターでありたい

――JBLも年内の試合がすべて終了し、トヨタアルバルクは現在1位につけています。今季のチームは戦っていてどんな感じですか?

やっぱり層がかなり厚くなったので誰がコートに出ても(チーム力が)落ちないですね。うちは去年まで80点を取るゲームはあまりなかったし、勝っても5点差、6点差のゲームが多かったんですが、今シーズンは平均得点が10点以上増えています。単純に得点力が上がったことでやっていても安心感があります。

――ドナルド・ベックHC(ヘッドコーチ)の指揮の下、昨シーズンからチームのバスケットが大きく変化しました。そのことについては?

走るバスケットじゃなくてコントロールするバスケットになったことに関して、正直、最初は懐疑的だったんですよ。なぜなら自分がこれまでいたチームはすべて走るバスケットで、「小さい日本人はディフェンスを頑張ってファストブレークを出して走って勝つんだ」みたいな感じでやってきたし、それが自分のベースになっていたわけです。だから自分はそういう速いバスケットの中で生きるタイプなんだと思っていました。それだけにハーフコートでシステムを大事にするバスケットと言われても、大丈夫かなぁという気持ちがあったんですね。ところが、リーグが開幕していざフタを開けてみたら、いけるんじゃないかという手ごたえを感じて。ああ、こういうバスケットもあるのだなぁというのが正直な感想でした。

――スタイルが変わったことで求められるものも変わりましたか?

変わりましたね。自分のポジションの基本はシュートなのでそれ自体に変化はなかったですが、シュートを打つまでのプロセスが変わってきました。今のトヨタのバスケットはチームのシステムを理解することが非常に重要なんです。オフェンスでもディフェンスでもきっちりした決まり事があるんですね。1年やってきたことでそれが身体に染みついてきました。コーチには「毎試合コンスタントにやってくれ」と言われています。この『コンスタント』というのは僕の場合シュートはもちろんですが、仮にシュートが不調な時でもディフェンスとかアシストとか自分にできることをしっかりやるということ、言いかえればチームのバスケットをコンスタントにやるということで、今はまぁ自分でもそれができているかなと感じています。

――トヨタには今シーズン松井啓十郎選手が移籍加入しましたが、同じシューターとして意識することはありますか?

特別意識するということはないですし、自分と比較することもありませんが、ただ今のトヨタのバスケットに関して言えば、KJ(松井)より1年長くやっている分理解度は上回っていると思います。うちのバスケットは1人が40分近く出るということは絶対なくて、多くて25分か30分がいいとこなんですね。だからKJと自分もプレイイングタイムを分けて、トータルで20点、30点取れればいいと考えています。僕はシューターとしてKJを信頼しているし、2人で時間を分けてもお互いがチームに貢献できればそれが一番いい形だと思っています。ただ、勝負を決する時間帯にはコートに立っていたいというのはありますね。だってバスケットの中で一番おもしろいのはその時間帯じゃないですか。その日不調であれば(その時間帯は)ベンチにいることになりますから、そうならないように、頑張ろうという意識はあります。

年内で前半戦22ゲームが終了。前半戦のスタッツはスタメンで平均22分出場、3P 33.91%、平均8.23得点

――今シーズン、自分に課しているテーマのようなものはありますか?

まずはディフェンスから入ろうと決めています。これは開幕してしばらくクマ(熊谷宜之)がケガで出場できなかったことも少し影響しているんですが。あいつはディフェンスでプレッシャーをかけて相手のリズムを狂わすということで試合にインパクトを与える存在だから、そのクマがいない分、自分がやらなきゃなぁという気持ちがありました。

でも、それとは別にやっぱり自分は相手のキーマン(ポイントゲッター)につくことが多いので、そこをどう抑えるか、いかに失点を減らすかというのが重要になってきます。それにはディフェンスを頑張って相手にタフショットを打たせるということが必要なので、一つひとつ厳しいチェックを入れて相手の確率を下げることを心がけています。それでも入るシュートは入るし、入ったら入ったでしょうがないんですが、一番よくないのはノーマークで打たせること。それはディフェンスの責任ですから。

――では逆にシューターとして自分のシュートについてはどう考えていますか?

シュートというのは練習でノーマークで打てば、みんな8割9割入るんですよ。だから大切なのは試合でどうやってその(ノーマークの)シチュエーションを作るかですよね。また、そこそこのシューターなら試合でも4割ぐらいの確率で3Pを決めます。ただ全部が全部4割のシュートではないんですね。これは8割の確率で入るなというシュートもあるし、これはタフショットだから2割の確率だっていうシュートもある。8割、6割、4割といろんな確率のシュートがあって、「あのシュートは入ったけど2割の確率のタフショットだったなぁ」と後から思うわけです。トータルで何割といっても1本1本のシュートはみんな違うわけですから。2割、3割のシュートを減らして、8割、9割のシュートを増やしていくのは目標の一つですね。

ただし、場面によってシューターは2割のシュートも打たなきゃならない。ドフリーで8割の確率のシュートしか打たないシューターなら、そいつは要らないと思うんですよ。ここ一番のシュートが2割の確率であっても、それを打ち切るのがシューターの仕事だと思っています。でも、同時にシュートにこだわり過ぎてもだめ。自分の3Pシュートよりインサイドの2点の確率が高いと思ったら迷わずパスを出す。自分のシュートの精度を上げていくのはもちろんですが、一方でそういう判断力をしっかり持つシューターになりたいと思っています。

そういった意味でお手本にしているのはパナソニックの永山(誠)さんですね。大事な場面で確実に決めてくるシュートもさることながら、状況に応じて出すパスもうまいですよね。自分と同じでサイズはあるほうではないですが、存在感は大きい。学生時代からお手本にさせてもらっています。

1 / 41234