株式会社ドームがスポンサード 
男子日本代表に特別報酬制度「Japan Pride」を導入

株式会社ドームがスポンサード 特別報酬制度「Japan Pride(ジャパンプライド)」を導入

男子日本代表選手を対象に、平成25年度の総額は1,500万円

 5月27日、日本協会は男子日本代表チーム、日本代表選手に特別報酬制度「Japan Pride(ジャパンプライド)」を導入することを発表した。
これは、株式会社ドームがスポンサーとなるもので、「日本代表に相応しい待遇の確立」を目的としている。60万人を越える競技登録者数を誇るバスケットボールの日本代表として、これまで以上に日本代表選手に選出されることを誇りに感じ、尊厳をもって戦うために、この制度の導入を決定したという。

 平成25年度の総額は1,500万円を原資として、対象大会における活動報酬を中心に、日本代表選手選出に対する報酬、試合結果への報酬、試合における個人賞を設け、株式会社ドームから日本協会を経由してそれぞれの選手に支払われる。
 
 
■名 称:特別報酬制度「Japan Pride(ジャパンプライド)」
■目 的:「日本代表に相応しい待遇の確立」

■主な内容
(1)総額:1,500万円
(2)対象大会
①公式大会
 第3回東アジアバスケットボール選手権大会(2013年5月/韓国)
 第27回FIBAアジア男子バスケットボール選手権大会(2013年8月/フィリピン)
②国際親善試合(予定:2013年6月/宮城県仙台市、東京都渋谷区)
 (3)対象者:男子日本代表選手
 (4)対象内容
上記大会における:日本代表活動日への報酬
 日本代表選手選出に対する報酬
 試合結果への報酬
 個人賞