8月30~9月14日:スペイン
橋本信雄氏と平原勇次氏が「2014 FIBAワールドカップ」へ

橋本氏はコミッショナーとして、平原氏はレフェリーとしてFIBAから指名を受ける

 日本協会は3月15日、8月にスペインで開幕する「2014FIBAワールドカップ」において、橋本信雄氏がコミッショナーとして、また平原勇次氏がレフェリーとして、FIBA(国際バスケットボール連盟)からそれぞれ指名を受けたとして同大会への派遣を発表した。

 橋本氏がワールドカップ(旧:FIBA男子世界選手権大会)でコミッショナーを務めるのは、2大会ぶり2回目。同氏は、2012年のロンドンオリンピックにおいてもFIBAから日本人として初めてジュリー(コミッショナー)の指名を受け大役を果たしてきた。

 一方の平原氏は、3大会連続3回目の指名となった。平原氏は、2008年の北京オリンピックにおいてもFIBAからレフェリー指名を受けて同大会に参加し、女子決勝などを担当したほか、2012年に開催されたFIBAオリンピック男子世界最終予選(ベネズエラ/カラカス)においてもレフェリーの指名を受けている。

 橋本氏、平原氏ともに、これまでの実績が高く評価されてFIBAからの指名となったものだ。

■2014FIBAワールドカップ コミッショナー
コミッショナー:橋本 信雄 名誉国際審判員・国際コミッショナー ※2大会ぶり2回目
期 間:2014(H26)年8月30日(土)~9月14日(日)
開催地:スペイン・マドリード他

2012ロンドンオリンピックでジュリー(コミッショナー)を務めた橋本氏(写真提供:橋本信雄氏)

■2014FIBAワールドカップ レフェリー
審判員:平原 勇次 国際審判員(東京都立小山台高校) ※3大会連続3回目
期 間:2014(H26)年8月30日(土)~9月14日(日)
開催地:スペイン・マドリード他

平原氏は2013年のアジア選手権・決勝でも審判を務めた。イランのヘッドコーチに説明する平原審判員(フィリピン・マニラ:写真/小永吉陽子)

【国際大会のコミッショナー&レフェリー】
オリンピック競技大会やFIBAワールドカップ(旧:FIBA男子世界選手権大会)、FIBA世界選手権大会では、帯同レフェリー制度がない。これらの大会のレフェリーは、FIBAの直接指名により派遣が決定する。
 
 
◆日本バスケットボール協会