6月28日、チェコで開幕
「第3回 FIBA U-17女子世界選手権」へ挑む12名

日本は予選ラウンドでオーストラリア、メキシコ、スロバキアと対戦

 6月28日から7月6日の日程で、チェコで開催される「第3回FIBA U-17女子バスケットボール世界選手権大会」。この大会に出場する12名のメンバーが6月4日に発表されたが、池本朱里選手(慶進高校3年)がケガによって大会出場が困難となったため、木村珠貴選手(聖カタリナ女子高校3年)が追加招集されることになった。チームは昨年11月末に開催された「第3回FIBA アジア U-16女子選手権大会」において準優勝を遂げ、3大会連続で世界大会の出場権を獲得した。

 U-17女子代表は、6月22日に集合し、翌23日、チェコに向けて出発。現地で調整合宿を行い、本大会へと臨む。大会は、参加16カ国が4グループに分かれて1回戦総当たりの予選ラウンドを戦い、その順位によって決勝ラウンドの対戦が決定する。勝者は準々決勝へと進み、敗者は9-16位決定戦を戦う。

 予選ラウンド・グループCの日本は、オーストラリア、メキシコ、スロバキアと対戦する。
 
■第2次強化合宿(海外遠征)
日 程:2014年6月22日(土)~6月27日(金)
会 場:6月22日、味の素ナショナルトレーニングセンター/6月23日、チェコへ出発
 
第3回FIBA U-17女子バスケットボール世界選手権大会 
■開催地:チェコ・クラトビ、プルゼニ
■大会期間:2014年6月28日(土)~7月6日(日)
■予選ラウンド
  【グループA】 チェコ、カナダ、ハンガリー、韓国
  【グループB】 ブラジル、スペイン、イタリア、エジプト
  【グループC】 オーストラリア、メキシコ、スロバキア、日本
  【グループD】 アメリカ、マリ、フランス、中国
 
 
平成26年度 女子U-17日本代表チーム 
代表メンバー

■チームスタッフ
チームリーダー/高橋 雅弘 (公益財団法人日本バスケットボール協会)
総 括/西田 次良 (宮崎県立小林高校)
ヘッドコーチ/一色 建志 (公益財団法人日本バスケットボール協会)
アシスタントコーチ/鈴木 親光 (昭和学院高校)
アシスタントコーチ/永尾 信次 (熊本市立帯山中学校)
マネージャー・通訳/田邊 広子 (公益法人日本バスケットボール協会)
ドクター/武田 秀樹 (東芝病院)
トレーナー/佐瀬 由紀子 (Sun&Breeze Conditioning)
トレーナー/和田 桃子 (八王子スポーツ整形外科)
テクニカルスタッフ/尺野 将太 (公益法人日本バスケットボール協会)

■代表選手
#4 加藤 優希 (桜花学園高3年/177㎝/SF/17歳/愛知・若水中出身)
#5 水野 妃奈乃 (昭和学院高3年/173㎝/SG/17歳/福島・清水中出身)
#6 西岡 里紗 (大阪桐蔭高3年/185㎝/C/17歳/大阪・樟蔭東中出身)
#7 木村 珠貴 (聖カタリナ女子高3年/177㎝/PF/17歳/岡山・竜操中出身)
#8 遠藤 桐 (桜花学園高2年/168㎝/PG/17歳/福島・白河中央中出身)
#9 中村 美羽 (昭和学院高2年/181㎝/PF/16歳/千葉・日の出中出身)
#10 脇 梨奈乃 (桜花学園高2年/180㎝/PF/16歳/福岡・高見中出身)
#11 中田 珠未 (明星学園高2年/181㎝/PF/16歳/東京・明星学園中出身)
#12 梅沢 カディシャ樹奈 (桜花学園高1年/183㎝/C/15歳/東京・石川中出身)
#13 赤木 里帆 (桜花学園高1年/163㎝/PG/15歳/大分・戸次中出身)
#14 赤穂 ひまわり (千葉・昭和学院高1年/181㎝/SF/15歳/千葉・昭和学院中出身)
#15 馬瓜 ステファニー (桜花学園高1年/181㎝/SF/15歳/愛知・若水中出身)

※平均身長177.5㎝/平均年齢16.1歳(2014年6月17日現在)
 
 
◆FIBA公式サイト
◆大会特設サイト(日本バスケットボール協会)