7月11日開幕
中国・武漢での「第5回FIBA アジアカップ」の組み合わせ

日本はグループAで中国、インド、インドネシア、イランと対戦     

 7月11日~19日の日程で中国・武漢で開催される「第5回FIBA ASIAカップ(以下:アジアカップ)」。その組み合わせが決定した。出場国は10チームで、日本はグループAに入り、中国、インド、インドネシア、イランと対戦する。

 この「アジアカップ」は、2年に一度開催されている大会で、以前は「スタンコビッチカップ」の名称で開催されていたが、2012年大会より「アジアカップ」と名称が変更された。

 このアジアカップの優勝チームには、来年開催される「第28回FIBA ASIA男子バスケットボール選手権大会」(開催地未定)の出場権が与えられる。また、今回タイの優勝チームおよび第28回FIBA ASIA男子選手権大会の開催位置を除いた上位4チームが所属するサブゾーンには、FIBA ASIA選手権沸くが追加される。来年のアジア選手権へ向けても、重要な大会となる。目下、強化合宿を行っている男子代表チームは、7月にこのアジアカップへと出場する。

第5回 FIBA ASIA カップ
 大会期間:2014年7月11日(金)~7月19日(土)
 開催地:中国・武漢
 出場チーム:10チーム
   【グループA】中国、インド、インドネシア、イラン、日本
   【グループB】チャイニーズ・タイペイ、ヨルダン、フィリピン、シンガポール、ウズベキスタン
 
 
◆男子日本代表 第1次強化合宿メンバー
◆大会公式サイト