9月23日、中国、長沙で開幕
リオ五輪 男子アジア地区予選。日本はイランと同組

東アジアからは中国、韓国、チャイニーズ・タイペイ、日本がFIBA ASIA選手権へ出場

9月23日に中国・長沙で開幕する「第28回FIBA ASIA男子バスケットボール選手権大会」の組み合わせが、FIBAアジアから発表された。この大会は、2016年リオデジャネイロ・オリンピックのアジア地区予選を兼ねている。

日本は、前回大会覇者のイラン、マレーシア、南アジアサブゾーン代表(7月3-5に予選開催予定)が属するグループAに入った。

本来は、本大会の出場を懸けて「第4回東アジアバスケットボール選手権大会」が開催される予定だったが、開催地が決まらないことから大会が実施されないことになった。そのため、本大会の出場は、開催地である中国を除き、FIBAランキング上位の韓国(28位)、チャイニーズ・タイペイ(44位)、日本(47位)が出場権を獲得することになり、残り1枠は、ホンコン・チャイナ(69位)とモンゴル(同ランキングなし)でプレーオフを行って決定される。

大会は、1次ラウンドが4チームによる総当たりで、上3チームが2次ラウンドへと進む。1次ラウンドで脱落するのは1チーム。組み合わせから、グループDが「死の組」となった。

第28回FIBA ASIA男子バスケットボール選手権大会
(兼 2016年リオデジャネイロ・オリンピック アジア地区予選)
 

 開催期日:2015年9月23日(水)~10月3日(土)
 開催地:中 国・長 沙

 組み合わせ(FIBAランキング)
  グループA: イラン(17位)/日本(47位)/マレーシア(71位)/南アジア代表(7/3-5予選開催)
  グループB: フィリピン/パレスチナ/クウェート/東アジア代表(ホンコン・チャイナorモンゴル)
  グループC: 韓国/ヨルダン/シンガポール/中国
  グループD: チャイニーズ・タイペイ/レバノン/カタール/カザフスタン

 ◆優勝チーム=第31回オリンピック競技大会 (2016:リオデジャネイロ)出場権 
 ◆2位、3位チーム=FIBA男子オリンピック世界最終予選 (2016/開催地未定)出場権
 
 
◆大会公式サイト