GO FOR OLYMPIC
五輪最終予選へ向けて女子代表候補が会見、強化合宿がスタート

スローガンは“GO FOR OLYMPIC”「オリンピック出場へのひたむきな努力を」

6月下旬に開催される「FIBA女子オリンピック世界最終予選」に向けて、女子日本代表チームが始動した。代表候補20名とスタッフが4月2日、記者会見を行い、同予選に向けて抱負を語った。

代表候補メンバー20名は、前日の4月1日に集合、第1次強化合宿に入っている。候補選手は2月15日に発表されたが、諏訪裕美(JX)が腰部負傷のために代表活動を続けることが困難となり、新たに同じポジション(センター)から天津希(トヨタ自動車/190㎝)が追加召集されている。

内海ヘッドコーチは「本番に臨む12名は、合宿や海外遠征をやっていきながら本番前に絞りたい」と語っている。

記者会見では、内海知秀ヘッドコーチと、選手を代表し、キャプテンの大神雄子、4年ぶりに日本代表に復帰した矢野良子、WJBL2011-2012シーズンでMVPを獲得した日本の司令塔・吉田亜沙美、そして高校を卒業し社会人として新生活をスタートさせた長岡萌映子の4人が抱負を語った。


■内海知秀ヘッドコーチ

“GO FOR OLIMYPIC” 「オリンピック出場へのひたむきな努力」のスローガンのもと、ロンドンオリンピックへ向けて強化合宿が始まりました。 初めに3月14日に選手、スタッフが集合した際に日本代表への心構えを話しました。日本代表として、(1)立ち向かう力、(2)乗り越える力、(3)日の丸の誇りという、3つの心構えを持って世界へ臨むこと、“GO FOR OLIMYPIC” 「オリンピック出場へのひたむきな努力を」をスローガンに掲げてスタートしました。

「FIBA女子オリンピック世界最終予選」まで、正味3カ月足らずという時間のない中で、中身の濃い合宿で強化を図っていかなければいけません。第1次、第2次合宿を国内で行い、第3次合宿は4月下旬よりアメリカ遠征を行い、非常にプレッシャーのある力強いアメリカ選手と対戦し、その後帰国して国際親善試合を行い、すぐにトルコ遠征でヨーロッパ各国と対戦するトルコ国際招待大会に参加をします。帰国した後は本番を見据えてチームを作り、本番に向かいます。

アメリカの強化合宿では、WNBAチームとのスクリメージとプレシーズンマッチを考えています。日本での国際招待試合はスロバキアを招いて3戦、トルコでの国際招待試合はベラルーシ、モンテネグロ、われわれのグループであるトルコとゲームをやってきます。アメリカの合宿では、非常にプレッシャーのある力強いアメリカとの対戦、それ以降のヨーロッパとの対戦は本番に向けたゲームになってくると思っています。

一人ひとりが先に挙げた3つの心構えをしっかりと持って、このチームに取り組んでもらいたいと思っていますし、このチームの選手たちは非常にそれを持っている選手たちの集まりだと思っています。本番では良い結果を残して、皆様の前でロンドンオリンピック出場をご報告できるようにしたいと思っています。

■大神 雄子キャプテン(JXサンフラワーズ)

2012年はバスケットだけではなく、みんなが目標とするオリンピックが開催される年です。その中で私たちバスケットも、一緒になって日本中が盛り上がるその中に入れるように、チームみんなで一生懸命頑張りたいと思います。“できる”“できない”ではなく、“やる”か“やらないか”だと思っています。必ず6月の世界最終予選、ロンドンオリンピックの切符を獲って帰ってきたいと思います。

■矢野 良子(トヨタ自動車 アンテロープス)

4年ぶりに代表に復帰した矢野です。日本が東日本大震災で暗い雰囲気の中、私たちこの20名がオリンピック世界最終予選に出場できることはありがたいことです。少しでも日本中の皆さんに勇気と感動を、そして明るい未来を与えられるような試合を展開して、必ずみんなで力を合わせて切符を獲って帰ってきます。応援よろしくお願いいたします。

■吉田 亜沙美(JXサンフラワーズ)

まずは選んでいただいたことに感謝していますし、このチームでプレイできることを誇りに思っています。最強チームをつくるということに対して、私自身が貢献できるよう頑張っていきたいと思っています。応援よろしくお願いいたします。

■長岡 萌映子(富士通 レッドウェーブ)

日本代表活動はより高いレベルでバスケットができる環境ですので、しっかりとコンディションを整えて、オリンピック出場権獲得はもちろん、その上を目指してがんばっていきたいと思います。私の持ち味は積極的に攻めて得点を獲ることと、粘り強いリバウンドなので、チームに貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします。

FIBA女子オリンピック世界最終予選 日本代表候補選手

■チームスタッフ
チームリーダー    高橋雅弘(公益法人日本バスケットボール協会)
ヘッドコーチ     内海知秀(公益法人日本バスケットボール協会)
コーチ        丁海鎰(トヨタ自動車アンテロープス)
コーチ        小嶋裕二三(デンソーアイリス)
総括         庄子梢枝(公益法人日本バスケットボール協会)
トレーナー      伊藤由美子(公益法人日本バスケットボール協会)
マネージャー     成井千夏(JXサンフラワーズ)

■サポートスタッフ
ドクター       内山英司(関東労災病院)
S&Cコーチ      窪田邦彦(合同会社ベストコンディションKJ)
マネージャー     三浦絵理(トヨタ自動車アンテロープス)
トレーナー      中川奈保(ライラック治療院)
テクニカルスタッフ  恩塚 亨(公益法人日本バスケットボール協会)

■代表候補選手
1 矢野良子(トヨタ自動車アンテロープス/178㎝/33歳/SF)
2 山田久美子(JXサンフラワーズ/192㎝/33歳/C)
3 名木洋子(富士通レッドウェーブ/175㎝/29歳/SF)
4 橋本和子(三菱電機コアラーズ/163㎝/29歳/G)
5 田中利佳(JXサンフラワーズ/173㎝/29歳/SG)
6 大神雄子(JXサンフラワーズ/170㎝/29歳/PG)
7 久手堅笑美(トヨタ自動車アンテロープス/165㎝/27歳/PG)
8 天津希(トヨタ自動車アンテロープス/190㎝/27歳/C)
9 藤吉佐緒里(シャンソン化粧品シャンソンVマジック/178㎝/24歳/SF)
10 藤原有沙(デンソーアイリス/175㎝/24歳/SG)
11 吉田亜沙美(JXサンフラワーズ/165㎝/24歳/PG)
12 川原麻耶(トヨタ自動車アンテロープス/167㎝/24歳/SG)
13 高橋礼華(新潟アルビレックスBBラビッツ/177㎝/23歳/SF)
14 大庭久美子(デンソーアイリス/169㎝/23歳/SG)
15 髙田真希(デンソーアイリス/183㎝/22歳/C)
16 木林稚栄(JXサンフラワーズ/184㎝/22歳/PF)
17 間宮佑圭(JXサンフラワーズ/183㎝/21歳/C)
18 渡嘉敷来夢(JXサンフラワーズ/191㎝/20歳/C)
19 篠原 恵(富士通レッドウェーブ/184㎝/20歳/C)
20 長岡萌映子(富士通レッドウェーブ/180㎝/18歳/SF)

平均身長177.1㎝/平均年齢25.1歳(2012年4月2日現在)