ライバル・中国と韓国の戦力
日本と中国の一騎打ちか、韓国が割り込むか

世界選手権で6位になった中国は地元開催で優勝を狙う

新時代のアジアに突入!
日本と中国の一騎打ちか、韓国が割り込むか!?

 
 
文・写真/小永吉陽子

【中国】世代交代完了、世界選手権6位!
高さと機動力さを備えた新しい中国

中国の大黒柱ルー・ウェン

さすがというべきか。“オリンピック請負人”の異名を持つ中国のヘッドコーチ、トム・マーは2年前とはまったく違うチームを作ってきた。3位に終わった2年前のアジア選手権では世代交代に踏み切ったばかりで意図するチーム作りができなかったが、大会後に「あと1年、時間がほしい」と発言をしていた通り、昨年の世界選手権で6位に躍進。その成長ぶりは目覚ましい。

マー・ヘッドコーチの指導力は折り紙つきだ。母国オーストラリアの基盤を築き、2000年シドニー五輪で銅メダルに導いたのをはじめ、2004年アテネ五輪では隣国・ニュージーランドの指揮官に就任して驚かせたばかりか、決勝トーナメントに進出させる快挙を達成し、2008年の北京五輪では開催国の中国を率いてベスト4に進出。2012年のロンドン五輪ではまたも開催国のヘッドコーチを引き受け、弱小国だったイギリス代表をヨーロッパで戦えるまでに育て、オリンピックでも強豪国に接戦を展開している。そして2013年に再び中国の指揮官に就任。2年かけて世代交代を成功させ、昨年の世界選手権ではアジア最高となる6位の成績を収めた。若手が育った今大会の中国のポテンシャルは計り知れない。

中国の特徴は180㎝~190㎝台の大型フォワードがパワフルに攻め込むこと。エースは2年前のアジア選手権でベスト5を受賞した188㎝の♯10ルー・ウェン。国内リーグWCBAでもレギュラーシーズンMVPを受賞し、得点とリバウンド王に輝いている大黒柱だ。そしてもう一人、世界選手権で衝撃の代表デビューを飾った♯7シャオ・ティン(184㎝)。世界選手権では機動力を生かしてポイントゲッターとなり、中国を6位に押し上げる原動力となった。

中国の司令塔チェン・シャオジャ

これらのフォワードを操るのはパワフルなガードの♯5チェン・シャオジャ。2年前はマー・ヘッドコーチの言うことに耳を傾けない“やんちゃ集団”の筆頭だったが、持ち味のトリッキーさで世界選手権では暴れる存在に生まれ変わった。この3本柱が新しい中国の顔だ。

また昨シーズン、短期交換制度でプレーオフだけ移籍し、WCBA山西の3連覇に貢献してMVPを受賞した♯9イー・ジェンジェンや♯12ガオ・ソンといったキャリアあるフォワード陣の貢献も見逃せない。センター陣は以前ほど強烈ではないが、190㎝以上が4枚と高さは健在。その中でも♯13ソン・モンランは195㎝の長身ながらアウトサイドシュートを武器に急成長中だ。

今年度の強化期間は4月から5ヶ月間にも及ぶ。マー・ヘッドコーチは選手を頻繁に交代させて総戦力で戦うスタイル。選手層の厚みとパワフルな機動力を持つ新しい中国が始まったと言っていいだろう。平均25歳、186㎝の高さを持つ若さの個性を名将がどう指揮するか。中国はホームの観客を味方につけ、女王の座を奪回するとともに、連続五輪出場を狙っている。
 
 

中国 CHINA

ヘッドコーチ/TOM MAHER トム・マー(オーストラリア)

4 楊力維 ヤン・リーウェイ (176㎝/G/20歳/WCBA広東)
5 陳暁佳 チェン・シャオジャ (182㎝/G/27歳/WCBA江蘇)
6 呉迪 ウー・ディ (182㎝/G/21歳/WCBA天津)
7 邵婷 シャオ・ティン (184㎝/G/25歳/WCBA北京)
8 張帆 ジャン・ファン (188㎝/F/31歳/WCBA北京)
9 紀妍妍 ジー・イェンイェン (183㎝/F/30歳/WCBA黒竜江)
10 露雯 ルー・ウェン (188㎝/F/25歳/WCBA八一)
11 程鳳 チォン・フォン (185㎝/F/25歳/WCBA遼寧)
12 高頌 ガオ・ソン (190㎝/F/23歳/WCBA北京)
13 孫梦然 スン・モンラン (195㎝/C/23歳/WCBA八一)
14 黄思静 ファン・スージン (190㎝/C/19歳/WCBA広東)
15 黄紅玭 ファン・ホンピン (195㎝/C/26歳/WCBA山西)

平均身長186㎝/平均25歳
 
 
◆次ページは韓国代表を紹介
 
 

1 / 212