9月9日~18日、イランにて開催
ASIAチャレンジへ挑む男子日本代表メンバー12名が決定

2019 年FIBA ワールドカップのアジア・パシフィック予選への第一歩となる大会

9月9日、イラン・テヘランで開幕する「2016 FIBA ASIA チャレンジ」に出場する男子日本代表12名が発表された。この大会は来年開催される「2017 FIBA ASIA カップ」(旧アジア選手権)につながる大会で、今大会の上位5チームが所属するサブゾーンに、アジアカップの出場枠が追加される。現時点で日本が所属する東アジアサブゾーンからアジアカップへの出場枠は2枠。(◆下記参照)

男子代表は、7月のFIBA オリンピック世界最終予選(OQT)の後、ジョーンズカップや国際親善試合などで編成メンバーを変えながら強化を図ってきた。今回は、OQT メンバーから辻直人、比江島慎、太田敦也、橋本竜馬、古川孝敏ら5名が残り、センターの太田以外は次世代メンバーを中心に編成されている。

日本代表として初選出(公式大会)となったのは、満原優樹、篠山竜青、西川貴之、藤井祐眞と、先日、帰化申請が下りたアイラ・ブラウンの5名。チームは9月3日から強化合宿に入り、6日にはイランへと出発する。
 

2016 FIBA ASIA チャレンジ

 日 程/2016(H28)年9 月9 日(金)~18 日(日)
 開催地/イラン・テヘラン
 会場/Twelve Thousand People Sport Hall(Azadi Sport Complex)
 出場国/12 チーム
  【グループA】 中国、ヨルダン、カザフスタン
  【グループB】 フィリピン、インド、チャイニーズ・タイペイ
  【グループC】 イラン、カタール、イラク
  【グループD】 日本、韓国、タイ

 ■第7次強化合宿
日 程/2016年9 月1 日(木)~5 日(月)
 会 場/味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)
 ※出発日:9 月6 日(火) /帰国日:9 月20 日(火)予定

2016 FIBA ASIA チャレンジ
日本代表メンバー

■チームスタッフ
 ヘッドコーチ/長谷川 健志 (公益財団法人日本バスケットボール協会)
 アシスタントコーチ/佐藤 賢次 (川崎ブレイブサンダース)
 アシスタントコーチ/佐々 宜央 
 ドクター/勝見 明 (千葉東病院)
 トレーナー/西村 航 (公益財団法人日本バスケットボール協会)
 トレーナー/上倉 將太(植草学園大学)
 マネージャー/七川 竜寛 (公益財団法人日本バスケットボール協会)
 テクニカルスタッフ/末広 朋也 (公益財団法人日本バスケットボール協会)

■選 手
  3. 辻 直人 (PG/185㎝/82㎏/川崎ブレイブサンダース/26歳)
  5.満原 優樹 (PF/198㎝/102㎏/サンロッカーズ渋谷/26歳) ★
  6. 比江島 慎 (PG/190㎝/88㎏/シーホース三河/26歳)
  7. 篠山 竜青 (PG/178㎝/78㎏/川崎ブレイブサンダース/28歳) ★
  8. 太田 敦也 (C/206㎝/112㎏/三遠ネオフェニックス/32歳)
 10. 橋本 竜馬 (PG/178㎝/81㎏/シーホース三河/28歳)
 20. 西川貴之 (SF/196㎝/88㎏/レバンガ北海道/24歳) ★
 22. 藤井 祐眞 (PG/178㎝/75㎏/川崎ブレイブサンダース/24歳) ★
 25. 古川 孝敏 (SG/190㎝/90㎏/栃木ブレックス/28歳)
 35. アイラ・ブラウン (PF/193㎝/105㎏/サンロッカーズ渋谷/34歳) ★ 
 43. 永吉 佑也 (PF/198㎝/115㎏/川崎ブレイブサンダース/25歳)
 88. 張本 天傑 (SF/197㎝/102㎏/名古屋ダイヤモンドドルフィンズ/24歳)

※平均身長/190.6㎝、平均体重/ 93.2㎏、平均年齢/27.1 歳(2016年8月30日現在)
★=日本代表初選出(公式大会)

◆「アジアチャレンジ」とは、旧「アジアカップ」のことであり、今大会から大会名称が変更となった。今大会の上位5チームが所属するサブゾーンに、来年開催される「2017 FIBA アジアカップ」(旧アジア選手権)の出場枠が追加される。

これまで2年に一度、ワールドカップと五輪予選を兼ねた大会として各大陸予選が開催されていたが、これが廃止され「コンチネンタルカップ(総称)」として生まれ変わる。アジアでも「アジア選手権」が廃止され、名称を「アジアカップ」と変えて開催されることになった。同大会はアジア王者を決める大会だが、上にはつながらない大会となる。

 
◆大会公式サイト
◆「2016 FIBA ASIA チャレンジ」特設サイト(日本協会)
 
男子OQTでの激闘を特集した
「Cager mook(ケイジャームック)2016年夏号」 絶賛発売中!

●男子日本代表が挑んだオリンピック世界最終予選(OQT)セルビアを詳細に特集
●男子日本代表12戦士、それぞれの戦いの軌跡をレポート
●さらにリオ五輪に挑む女子代表12名の決意、内海ジャパンの勝利へのカギ、
吉田亜沙美・渡嘉敷来夢インタビューなども掲載
●男女の日本代表チーム:顔写真付きプロフィール名鑑
●過去のオリンピアン一覧、過去のオリンピック成績なども掲載

◆詳細はこちら
◆お求めはこちらから Amazon

◆下記の書店でもお求めになれます。
 ・東京/ジュンク堂書店 池袋本店
 ・千葉/ジュンク堂書店 南船橋店
 ・静岡/MARUZEN&ジュンク堂書店 新静岡店
 ・愛知/ジュンク堂書店 名古屋店
 ・大阪/MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
 ・大阪/ジュンク堂書店 大阪本店