本日から決勝ラウンド
アジアチャレンジ、4強入りを懸けて日本はヨルダンと対戦

「2016FIBAアジアチャレンジ」で奮闘中の日本代表。ベスト4入りをめざす(写真/fiba.com)

本日 9月16日から決勝ラウンド。日本は予選2次ラウンドをグループ3位で通過

初戦の韓国戦で29得点をあげた比江島慎。対戦チームのマークが厳しくなっている中で、どうエースとの役割を果たすかだ(写真/fiba.com)

イランのテヘランで開催されている「FIBAアジアチャレンジ」は、9月16日から決勝ラウンドに入った。日本は、予選2次ラウンド・グループFを3位で通過。決勝ラウンドの準々決勝は、グループE 2位のヨルダンとの対戦となる(日本時間25:15ティップオフ)。

日本は、予選1次、2次ラウンドを通して3勝2敗。韓国とイランに敗れた以外は、イラク戦、カタール戦に競り勝ってグループFの3位で決勝ラウンドに駒を進めた。決勝ラウンド・準々決勝でヨルダンに勝てば、一昨年のアジア大会、昨年のアジア選手権に次いで3大会連続でアジアの4強入りを果たす。

また、4強入りを果たすことで、来年開催される「FIBA アジアカップ」へのサブゾーンの出場枠を自力で増やすことができる。ここは何としても準決勝へ駒を進めたいところだ。

準々決勝で対戦するヨルダンは、予選ラウンドでは中国に敗れた1敗のみ。予選2次ラウンドでは3試合ともに100点ゲームをしており、得点力の高いチーム。中でも帰化選手の#3タッカー(190㎝/SG/28歳)は、今大会平均27.4得点をマークし、チームの柱になっている。このヨルダンに、日本がどれだけ粘り強い試合をして勝ちきるかだ。
 

2016 FIBA ASIA チャレンジ

 日 程/2016年9 月9 日(金)~18 日(日)
 開催地/イラン・テヘラン
 会場/Twelve Thousand People Sport Hall(Azadi Sport Complex)
 出場国/12 チーム (数字は予選1次ラウンド順位)
 【グループA】 1)中 国、2)ヨルダン、3)カザフスタン
 【グループB】 1)チャイニーズ・タイペイ、2)インド、3)フィリピン
 【グループC】 1)イラン、2)イラク、3)カタール
 【グループD】 1)韓 国、2)日 本、3)タ イ

今回、初の代表入りを果たしたアイラ・ブラウンは、平均得点13.4、リバウンドも平均12.8本とその働きが光る(fiba.com)


■予選2次ラウンド(1次ラウンドの勝敗含む)
 ◇グループE 順位
  1)中 国 (4勝1敗)
  2)ヨルダン (4勝1敗)
  3)チャイニーズ・タイペイ (3勝2敗)
  4)インド (3勝2敗)
  5)フィリピン (1勝4敗)
  6)カザフスタン (1勝4敗)

 ◇グループF 順位
  1)イラン (5勝0敗)
  2)韓 国 (4勝1敗)
  3)日 本 (3勝2敗)
  4)イラク (2勝3敗)
  5)カタール (1勝4敗)
  6)タイ(0勝5敗)
 
 
■日本戦スコア
 ◇予選1次ラウンド
  ・9月 9日(金) ●日 本 73 (22-13、12-25、21-16、18-26) 80 韓 国
  ・9月11日(日) ○日 本 96 (17-22、26-17、27-14、26-14) 67 タ イ
 ◇予選2次ラウンド
  ・9月12日(月) ○日 本 67 (13-8、15-29、20-15、19-13) 65 イラク
  ・9月13日(火) ●日 本 57 (13-17、13-20、20-16、11-15) 68 イラン
  ・9月14日(水) ○日 本 79 (20-12、22-14、11-18、26-21) 65 カタール
 
■決勝ラウンド (現地時間)
 ◇9月16日(金)準々決勝
  14:00(日本時間18:30)  韓 国(F2) 70(18-20、20-18、16-19、12-12) 69 チャイニーズ・タイペイ(E3)
  16:15(日本時間20:45)  イラク (F4) vs  中 国 (E1)
  18:30(日本時間23:00)  インド (E4) vs  イラン (F1)
  20:45(日本時間25:15)  ヨルダン (E4) vs  日 本 (F3)

 ◇9月17日(土)
  14:00 5-8位決定戦  チャイニーズ・タイペイ vs (イラク-中 国の敗者)
  16:15 5-8位決定戦  (ヨルダン-日 本の敗者) vs (インド-イランの敗者)
  18:30 準決勝    韓 国 vs (イラク-中 国の勝者)
  20:45 準決勝   (ヨルダン-日 本の勝者) vs (インド-イランの勝者)

カタール戦で16得点と躍動した篠山竜青。決勝ラウンドはベンチメンバーの踏ん張りがカギを握る(fiba.com)


 ◇9月18日(日)
  14:00  7位決定戦
  16:15  5位決定戦
  18:30  3位決定戦
  20:45  決 勝
 
 
◆大会公式サイト
◆ライブ映像は「LIVE BASKETBALL.TV」(有料)でご覧いただけます
◆「2016 FIBA ASIA チャレンジ」特設サイト(日本協会)
 
 
 
 

男子OQTでの激闘を特集した
「Cager mook(ケイジャームック)2016年夏号」 
絶賛発売中!

●男子日本代表が挑んだオリンピック世界最終予選(OQT)セルビアを詳細に特集
●男子日本代表12戦士、それぞれの戦いの軌跡をレポート
●さらにリオ五輪に挑む女子代表12名の決意、内海ジャパンの勝利へのカギ、
吉田亜沙美・渡嘉敷来夢インタビューなども掲載
●男女の日本代表チーム:顔写真付きプロフィール名鑑
●過去のオリンピアン一覧、過去のオリンピック成績なども掲載

◆詳細はこちら
◆お求めはこちらから Amazon

◆下記の書店でもお求めになれます。
 ・東京/ジュンク堂書店 池袋本店
 ・千葉/ジュンク堂書店 南船橋店
 ・静岡/MARUZEN&ジュンク堂書店 新静岡店
 ・愛知/ジュンク堂書店 名古屋店
 ・大阪/MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
 ・大阪/ジュンク堂書店 大阪本店