日本はアジア2位でU-19世界選手権に出場
第21回FIBAアジアU-18女子選手権 大会結果

日本は中国の高さの前に惜敗して準優勝。アジア2位でU-19世界選手権へ

 9月29日からマレーシア・ジョホールバルにて開催された「第21回FIBAアジアU-18女子バスケットボール選手権大会」。予選ラウンドを4勝1敗、2位で通過した日本は、準決勝でチャイニーズ・タイペイに快勝して決勝戦へ。優勝をかけて中国と対戦したが、予選ラウンドの雪辱はならなかった。前半リードを奪いながら3Qで逆転を許してしまい、60対66で惜敗。相手の高さの前に、シュートを決めきれなかった。

 優勝は中国、2位日本、3位には韓国が入った。この結果、2013年7月にリトアニアで開催される「第10回FIBA U-19女子世界選手権」への出場権は、この上位3チームが得た。

 戦いを終えたU-18女子代表チームは10月7日夕刻に成田に帰国した。日本チームの戦いぶりなど、一色建志ヘッドコーチと選手のインタビューは、後日、紹介の予定。
 
 
21 st FIBA ASIA U18 CHAMPIONSHIP for Women
第21回FIBAアジアU-18女子バスケットボール選手権大会

■大会日程:2012年9月29日(土)~10月6日(土)
■開催地:マレーシア・ジョホールバル
■会場:Stadium Bandaraya Johor bahru

【レベルⅠ:順位】
1位 中国 ★
2位 日本 ★
3位 韓国 ★
4位 チャイニーズ・タイペイ ★
5位 タイ ★
6位 マレーシア

【レベルⅡ:順位】1位 インド ★
2位 ホンコン・チャイナ
3位 カザフスタン
4位 シンガポール
5位 スリランカ
 
★印=次回大会(2014年:第22回大会)においてレベルⅠへの参加権を獲得。
 
 
◆メンバー表
◆大会特設サイト(FIBA ASIA/英語)
◆大会特設サイト(日本協会)