交流戦全24試合
トヨタが22勝2敗で1位。2位は東芝、3位北海道

交流戦の対戦で1位となったのはトヨタ東京。アイシン三河は6位に。(オールジャパンより:写真/一柳英男)

交流戦順位は上位3チームをイースタンカンファレンスが占め、4位に和歌山が入る

 昨年12月7日から始まったNBL2013-2014レギュラーシーズンのカンファレンス交流戦(全24試合)が、3月23日をもって終了した。この結果、カンファレンス交流戦の最終順位が下記のとおり確定した。リーグは、次週(第23節)からカンファレンス内での対戦に戻り、4月27日までレギュラーシーズンを戦う。

 カンファレンス交流戦の結果は1位トヨタ自動車の22勝2敗、次いで東芝の20勝4敗、レバンガ北海道の18勝6敗となり、いずれもイースタンカンファレンスのチームが上位を占める形になった。ウェスタンカンファレンスは4位に和歌山が、6位にアイシン三河が入っている。

 5月3日からは各カンファレンスの上位3チームによるプレーオフが始まる。

NBL 2013-2014 レギュラーシーズン
【カンファレンス交流戦 順位】(勝敗/勝率)

  1位  トヨタ自動車アルバルク東京 (22勝2敗/0.917)
  2位  東芝ブレイブサンダース神奈川  (20勝4敗/0.833)
  3位  レバンガ北海道  (18勝6敗/0.750)
  4位  和歌山トライアンズ  (16勝8敗/0.667)
  5位  リンク栃木ブレックス  (16勝8敗/0.667)
  6位  アイシンシーホース三河  (14勝10敗/0.583)
  7位  日立サンロッカーズ東京  (13勝11敗/0.542)
  8位  三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋  (10勝14敗/0.417)
  9位  千葉ジェッツ  (10勝14敗/0.417)
  10位  兵庫ストークス  (2勝22敗/0.083)
  11位  つくばロボッツ   (2勝22敗/0.083)
  12位  熊本ヴォルターズ  (1勝23敗/0.042)

■レギュラーシーズンの順位決定基準
①勝率 ②当該チーム間の勝率 ③当該チーム間のゴールアベレージ ④交流戦全試合のゴールアベレージ
 
◆NBL公式サイト