レギュラーシーズン全日程が終了
NBL 2013-2014リーダーズが確定。ファジーカスが得点王に

4月27日、NBLのレギュラーシーズン全27節が終了した。
これに伴ってNBLは、「NBL2013-2014リーダーズ」が確定したことを発表した。

得点、リバウンド部門で1位となったのは、ニック・ファジーカス選手(東芝神奈川)だ。
1試合平均26.35得点、平均リバウンド13.50本は見事な数字である。
また、アシスト部門とスティール部門で1位に輝いたのは田臥勇太選手(リンク栃木)。
1試合のアシスト平均が5.94本、スティールも平均2.02本をマークした。
フールドゴール成功率ではマイケル・パーマー選手(和歌山)が62.10%で1位。
3ポイント王には、金丸晃輔選手(アイシン三河)が47.29%の確率を示し、
フリースロー部門は古川孝敏選手(リンク栃木)が90.48%と安定の数字をたたき出した。
ブロックショット部門では、ジャミール・ワトキンス選手(北海道)が平均2.23本をマークした。
 
 

NBL 2013-2014リーダース                     

  ◆得 点…………ニック・ファジーカス(東芝ブレイブサンダース神奈川#22) 平均26.35得点
  ◆アシスト…………田臥 勇太(リンク栃木ブレックス#0) 平均5.94本
  ◆リバウンド…………ニック・ファジーカス(東芝ブレイブサンダース神奈川#22) 平均13.50本
  ◆フィールドゴール成功率…………マイケル・パーマー(和歌山トライアンズ#3)  62.10%
  ◆フリースロー…………古川 孝敏(リンク栃木ブレックス#25) 90.48%
  ◆3ポイントシュート成功率…………金丸 晃輔(アイシンシーホース三河#14) 47.29%
  ◆スティール…………田臥 勇太(リンク栃木ブレックス#0) 平均2.02本
  ◆ブロックショット…………ジャミール・ワトキンス(レバンガ北海道#40) 平均2.23本
 
 
◆2位以降のランキングはこちら