NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」
桜花学園・井上眞一監督がNHK「プロフェッショナル」に登場

国体優勝までの2カ月間、密着取材で見えてきた名将・井上監督の指導術

 今年、インターハイ、国体を制して、現在、全国大会優勝56回を誇る桜花学園高(愛知)の井上眞一監督が、11月24日(月)放送のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場する。タイトルは「勝利は、信頼でつかみとる」。

 この番組は、さまざまな第一線で活躍する一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組だ。バスケットボールの指導者が取り上げられるのはこれが初めとなる。

 インターハイ、国体、ウインターカップの3大大会での優勝は、この29年間で56回。井上監督が高校界で圧倒的な勝率を誇っているのはバスケットボール界では周知の事実だ。

 同番組では、毎年、優れた選手を数多く育て上げ、チームを常勝へと導いている手腕がどのようなものかに肉薄。コーチとしてのこれまでの道のりやその指導哲学、同監督をよく知る指導者などの証言から、井上監督の人間像に迫っている。

 オンエアは来週の11月24日(月)NHK総合テレビで午後10時から。

今年はインターハイ、国体と既に2冠を遂げている桜花学園高・井上眞一監督(千葉で開催されたインターハイから)


アンダーカテゴリで日本代表として活躍する選手も多い。今年も#7加藤優希や#15馬瓜ステファニーがU-17女子世界選手権に出場し活躍した(写真は昭和学院との決勝戦から)

写真:一柳英男

◆NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」公式サイト