国際審判員の指名
橋本信雄氏がジュリー、須黒祥子氏が審判員としてロンドン五輪へ派遣

橋本信雄氏がジュリー、須黒祥子さんがレフェリーとしてロンドン五輪へ派遣決定

ロンドン五輪への派遣を受けて、記者会見をする橋本信雄コミッショナー(右)と須黒祥子審判員

 2月下旬、FIBA(国際バスケットボール連盟)より、日本協会に朗報が届いた。今夏イギリスで開催される「第30 回オリンピック競技大会」のジュリー(コミッショナー)に橋本信雄氏、レフェリーに須黒祥子氏が指名を受けた。また、7月にベネズエラで開催される「オリンピック男子世界最終予選」のレフェリーに平原勇次氏の審判員の指名があり、以上3名が指名大会に派遣することが決定した。
 
 オリンピック競技大会や世界選手権においては帯同レフェリー制度がなく、FIBAからの直接指名によって派遣が決定される。審判規則部部長でもある橋本氏によると、「ロンドンオリンピックでの審判員の数は前回の北京大会と同じで30名。うち女性は6名」。須黒祥子氏は2004年アテネ大会以来、2大会ぶりの審判員としての出場で、2回目の指名となった。

 この派遣決定を受けて3月4日、Wリーグファイナルの会期中に、橋本信雄氏と須黒祥子氏の記者会見が行われた。指名の経緯とともに2人のコメントを紹介したい。


FIBA オリンピック男子世界最終予選(ロンドンオリンピック世界最終予選)レフェリー

期間:2012年7 月2 日(月)~7 月8 日(日)
開催地:ベネズエラ・カラカス
審判員:平原勇次・国際審判員 ※初
    (2008 年北京オリンピック女子決勝レフェリー)

第30 回オリンピック競技大会レフェリー
期間:2012年7 月28 日(土)~8 月12 日(日)
開催地:イギリス・ロンドン
審判員:須黒祥子・国際審判員 ※2 大会ぶり2 回目

第30 回オリンピック競技大会ジュリー(コミッショナー)
期間:2012年7 月28 日(土)~8 月12 日(日)
開催地:イギリス・ロンドン
コミッショナー:橋本信雄名誉国際審判員・国際コミッショナー(JBA審判規則部部長・国際部副部長) 
※初(日本人としては初指名)
 

日本人として五輪で初のコミッショナーを務める橋本信雄氏

橋本信雄 名誉国際審判員・国際コミッショナー
 (JBA審判規則部部長/国際部副部長)

 オリンピックや世界選手権への派遣指名が決まるのは、だいたい2月下旬が時期的な相場となっています。これまでバルセロナオリンピック(1992年)以降、継続的に日本人審判員がオリンピックへ出ています。前回の北京オリンピック(2008年)では平原勇次 国際審判員が女子決勝を担当しました。私としては、日本人審判員がオリンピックに指命されることを第一に考えていました。

 まず最初に、平原国際審判員がFIBAオリンピック男子世界最終予選(ロンドンオリンピック世界最終予選)へ指名されました。その結果を踏まえ、もしかするとオリンピック日本人審判員派遣の連続記録が途切れるのではないかと心配をしました。

 しかし、幸いなことに須黒祥子 国際審判員が指名され、私としては安堵しています。オリンピックの審判員の指名は各大陸(各ゾーン)や男女比なども加味されますが、須黒国際審判員は、前回のチェコで開催されたFIBA女子世界選手権大会(2010年)、昨年チリで開催されたFIBA女子U-19世界選手権大会の両大会において、準決勝を担当した実績があります。女性審判員の中では世界のトップクラスであり、私個人としては世界ベスト5に入る女性審判員だと思っていますので、ロンドンオリンピックへの指名はホッとすると同時に、大会に参加する以上は上位の試合を担当して日本人審判員のレベルの高さをあらためて世界に示して頂きたいと期待しています。

 個人として、ジュリーに指名されたことは非常に驚いています。北京オリンピックのジュリーを見るとそうそうたるメンバーでしたので、なかなか私ではオリンピックは無理かなと思っていました。今回指名されて驚くと同時に、心から個人としても喜びを感じています。指名の一報は海外の関係者から連絡を受けたものですから、驚きはさらに大きかったです。オリンピックの試合はひとつひとつが重要な試合ですので、与えられた試合を無事に終えられるように頑張ってきたいと思っています。

 

2度目のオリンピックの舞台となる須黒祥子審判員

須黒祥子 国際審判員

 この度、ロンドンオリンピックへの指名をいただきました。以前、アテネオリンピック(2004年)に派遣させていただきましたが、自分の力もまだまだ未熟でコートに立つのが精一杯という状況でした。その後、FIBAの世界大会にいくつか派遣させていただき、経験を積んでまいりました。今回のロンドンオリンピックで指名されるかどうかという点に関しては、なかなか楽観的な希望はあまり思っていませんでした。
 
 今回指名されたということで自分の力を精一杯出し切ってまいりたいと思っています。また、日本代表チームがオリンピックに出てくれれば、さらにこの喜びは増すと思っています。


橋本信雄(はしもとのぶお)

1954.9.21生まれ
関東実業団連盟審判委員長、日本実連審判委員長等を経て、
現在は(財)日本バスケットボール協会審判規則部長(理事)兼国際部副部長
1997年 /FIBA国際審判員
2005年 /FIBAコミッショナー

◆従事した主な国際大会(コミッショナー)
2006年/男子世界選手権大会 決勝
2008年/”Good Luck Beijing”決勝
2009年 /U-19男子世界選手権大会 準決勝
2010年/ユース五輪 決勝

須黒祥子(すぐろしょうこ)
1971.7.28生まれ
東京都立駒場高等学校勤務
1995年/日本バスケットボール協会公認審判員資格取得
2000年/日本バスケットボール協会A級審判員
2001年/日本バスケットボール協会AA級審判員
2003年 /FIBA審判員

◆従事した主な国際大会
2004年/アテネオリンピック競技大会 7-8位決定戦
2005年/ウィリアムジョーンズ大会
2007年/U-18アジア選手権大会
2007年/ユニバーシアード競技大会 決勝
2009年/アジアインドアゲームズ
2009年/ユニバーシアード競技大会 準決勝
2010年/女子世界選手権大会 準決勝
2011年/U-19世界選手権大会 準決勝