FIBAアジアU16男子選手権ではすでに7号球を導入
中学男子、来年の全中より7号球と新コートの採用を決定

今年3月の「都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2012」でも7号球を使用

 日本バスケットボール協会は、3月16日、中学男子において2013年8月、静岡県で開催される「平成25年度 第43回全国中学校バスケットボール大会」から、新コートと7号球を採用することを発表した。先ごろ開催された公益財団法人日本中学校体育連盟の評議会ならびに、日本協会の理事会において承認された。

なお、3月28日~30日にわたって日本協会主催で開催される「東日本大震災」被災地復興支援JOCジュニアオリンピックカップ 第25回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2012 では、男子は7号球によって試合を行うことがすでに決定している。

■中学男子における7号球の採用

1)2013 年、静岡県にて開催される「平成25 年度第43 回全国中学校バスケットボール大会」より、新コートと男子7 号球を採用する。

2)2012年3 月28 日~30 日、日本協会主催の以下の大会でも男子7 号球の導入が決定している。

■導入

「東日本大震災」被災地復興支援JOCジュニアオリンピックカップ 第25 回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2012

■背景

1)国際カテゴリーに基づく国際大会、「FIBA アジア U-16 男子バスケットボール選手権大会」では7号球が採用されており、これからの国際競争力に対応するために早い段階から7 号球を採用し、競技力向上を図る必要がある。

2)アジアの主要国において、中学男子年代で6 号球を使用しているのはイランと日本のみで、他は国際基準に適合した7 号球を使用しており、7 号球の使用が主流となっている。

3)国内においても中学生の体位の向上で、平成23 年度から全国中学生バスケットボール連盟は、第25 回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会で男子7 号球の導入を決定した。