新ヘッドコーチ決定
JXの新HCに佐藤清美氏が就任、内海HCは退任へ

内海氏はロンドンオリンピック出場をめざして日本代表ヘッドコーチに専念

 JXサンフラワーズは3月28日、内海知秀ヘッドコーチの退任と、佐藤清美新ヘッドコーチの就任を発表した。佐藤氏は、2008年より内海ヘッドコーチのもとでコーチを務め、4年連続2冠を支えてきた。これによりJXは、2012-13シーズンを佐藤新ヘッドコーチの指揮のもと新体制で戦っていくことになる。

 2001年から11年にわたってヘッドコーチを務めてきた内海知秀氏は、すでに日本代表ヘッドコーチに就任しており、6月末のロンドンオリンピック最終予選に向けて代表活動に専念することになる。

 ■内海知秀氏コメント
この度、JXサンフラワーズのヘッドコーチを退任することになりました。2001年から昨シーズンまでの11年間、本当にありがとうございました。今後は女子日本代表ヘッドコーチに就任し、日本のバスケットボール界の発展に邁進していきたいと思っております。これからもこ声援よろしくお願いいたします。

【内海ヘッドコーチ成績】
・Wリーグ優勝 8回
・全日本総合バスケットボール選手権大会優勝 7回(2冠制覇 7回達成)

 

 ■新ヘッドコーチ:佐藤清美氏コメント
内海前ヘッドコーチが築き上げた4年連続2冠の偉業を引き継ぎ、チーム全体の舵取り役という重責を担うことになり、身の引き締まる思いです。今後は、5年連続2冠を目指すとともに、常に優勝を狙えるチーム作りに努力してまいります。

【佐藤清美氏プロフィール】
1962年生まれ、49歳。秋田県出身。選手として能代工高―日本大学―日本鉱業(現・JXホールディングス)で活躍。
●競技歴
名門・能代工高では2年次に2冠、3年次に3冠を達成。高3年の選抜大会では大会ベスト5に選ばれる。日大では3年次(1983年)、4年次(1984年)にインカレ優勝。日本鉱業では1989年、1993年に全日本総合選手権(天皇杯)優勝。1990年~1994年、日本代表。
●コーチ歴
・1993年4月:ジャパンエナジー(現JX日鉱日石エネルギー株式会社)男子バスケットボール部アシスタントコーチ
・1994年4月: 日本大学男子バスケットボール部ヘッドコーチ (95年度インカレ優勝)
・1996年4月: ジャパンエナジー男子バスケットボール部コーチ
・1997年12月:ジャパンエナジー男子バスケットボール部ヘッドコーチ(97年度:天皇杯準優勝)
・1998年4月: 男子日本代表 アシスタントコーチ(第13回男子世界選手権大会出場)
・1998年4月: 常葉学園大学 男子バスケットボール部ヘッドコーチ
・2008年4月: JXサンフラワーズコーチ(現在に至る)

■詳細はこちら