レギュラーシーズンのリーダーズが確定
JBLリーダース確定。川村卓也が4年連続得点王

川村卓也(リンク栃木)が4年連続4回目の得点王と初のアシスト王に輝く。
リバウンド王は桜木ジェイアール(アイシン)、3ポイント王は古川孝敏(アイシン)が初

 「JBL 2011-2012」レギュラーシーズンは3月25日で全日程を終了したが、本日、得点王など各部門のリーダーズが確定、3月30日に発表された。

 注目の得点王には、川村卓也(リンク栃木ブレックスの)が4年連続4回目輝いた。4年以上の連続受賞は、1967年からスタートした日本リーグ時代を含めて3人目となる。1990~1993年に4年連続得点王となったトム・ホーバス氏(当時:トヨタ自動車)、日本人に限れば、1971~1975年に5年連続で得点王となった谷口正朋氏(当時:日本鋼管)の記録が残っている。

 各部門のリーダーズは以下の通り。

■得点部門
 川村 卓也(リンク栃木ブレックス#1) 20.41 Avg.  ※4年連続4回目

■アシスト部門

 川村 卓也(リンク栃木ブレックス #1) 4.49 Avg.  ※初

■リバウンド部門

 桜木 ジェイアール(アイシンシーホース#32) 12.03 Avg.  ※初

■フィールドゴール成功率部門

 フィリップ・リッチー(トヨタ自動車アルバルク #31) 62.12%  ※2年連続2回目

■フリースロー成功率部門

 木下 博之(パナソニックトライアンズ#1) 88.46%  ※2年連続2回目

■3ポイント成功率部門

 古川 孝敏(アイシンシーホース#24) 44.56%  ※初

■スティール部門

 佐藤 稔浩(日立サンロッカーズ#20) 1.74 Avg.  ※2年ぶり2回目

■ブロックショット部門

 竹内 譲次(日立サンロッカーズ#15) 1.53 Avg.  ※初

●4年連続得点王を受賞:川村選手のコメント
「多くの方々の支えがあり、4年連続得点王、そして初のアシスト王になることが出来ました。自分に多くのチャンスを与えてくれたコーチ、スタッフ、チームメイトに感謝したいと思います。ありがとうございました。チームの結果に結び付かなかったことが非常に残念ではありますが、今後もいいパフォーマンスが出来るように日々努力していきたいと思います。ありがとうございました」

【参考】リーダーズエントリー条件
・得点:34試合以上出場、もしくは 425得点以上
・アシスト:34試合以上出場、もしくは 64アシスト以上
・リバウンド:34試合以上出場、もしくは 204リバウンド以上
・フィールドゴール成功率:フィールドゴール成功数が105本以上
・フリースロー成功率:フリースロー成功数が42本以上
・3ポイント成功率 3ポイント成功数が55本以上
・スティール:34試合以上出場 もしくは 43スティール以上
・ブロックショット:34試合以上出場 もしくは 43ブロックショット以上

※リーダーズの記録は、シーズン終了後に各チームから3月28日までに記録確認の申請を受け付け、その検証結果を反映して最終記録となる。

◆詳細はJBL公式サイトへ