日本女子バスケットボール界のベテラン
大神雄子がトヨタ自動車アンテロープスに入団

2シーズンぶりにWリーグの舞台に参戦。新たなヘッドコーチの元で優勝をめざす!

5月28日、大神雄子が、Wリーグのトヨタ自動車アンテロープスに入団したと発表した。

大神は、JX-ENEOSを退団後、海外に活躍の場を求めて、2013年9月には中国女子バスケットボールリーグの「山西興瑞」と契約し、翌年のリーグ優勝に大きく貢献した。2014年春に帰国後は、日本代表キャプテンとして9月のFIBA女子世界選手権(トルコ)に出場。その後、再び海外挑戦を模索し、アジアやヨーロッパのチームに打診を行ってきたが、入団がかなわず、昨シーズンは無所属のまま自主練習をこなす日々となった。

その大神が、Wリーグの舞台に2シーズンぶりに戻ってくる。JX-ENEOSではWリーグ5連覇の主軸として活躍。日本代表としても数々の国際舞台でその実力を示してきた大神が、かつてのライバルであるトヨタ自動車でベテランとしてどうチームに溶け込み、チームの悲願であるリーグ優勝に貢献していくのか、大いに注目される。

なお、トヨタはこれまでチームを率いてきた後藤敏博ヘッドコーチが退き、新たなヘッドコーチを迎えると目されている。今季のWリーグは、10月9日に開幕する。
 
 

◆トヨタ自動車アンテロープスに入団した大神雄子のコメント◆
(170㎝/PG/31歳)

はじめにこのたび、2シーズンぶりに日本での復帰を迎えるにあたり、
サポートしてくださったたくさんの方へ感謝申し上げます。
本当にありがとうございます。

自分自身、何よりもバスケットボールが好きな気持ちを表現できる場所が
できたことが本当に嬉しいです!

自分が今やれるMAXでチームメイトと共にがんばります!

トヨタ自動車アンテロープスのファンの皆様、そしてバスケットボールファンの
皆様、共に熱く熱く戦ってください!

これからよろしくお願いします。
 
 
◆トヨタ自動車アンテロープス公式サイト
◆大神雄子選手のFacebook
※大神は、自身のFacebookでトヨタ入団を報告。さらに5月26日にはアメリカへ挑戦する後輩選手へのアドバイスを詳細に綴っている。必見だ。