群馬クレインサンダーズ
群馬のマスコットは「さんだくん」に決定

一般公募206作品から「さんだくん」が選ばれる

2012‐2013シーズンにbjリーグに参戦する群馬クレインサンダーズの公式マスコットキャラクターが一般公募で決まった。採用されたのは県内の「東日本デザイン&コンピュータ専門学校デザイン科メディアクリエーターコース」に通う2年生の藤村早葵(ふじむらさき)さんがデザインした「さんだくん」。応募総数206作品の中から選ばれた。

選考理由は、「元気になれる ゆるキャラ」のテーマに合ったかわいらしく希望に満ちた表情で、チーム名の鶴と雷を取り入れ、まるでロゴから飛び出してきたような作品だったから。

チームのマスコットキャラクターに採用された藤村さんは、デザインの意図などについてこう語った。
「チーム名とロゴのイメージから、雷を取り入れることに決めていました。また、ロゴから配色やしっぽの形などを取り入れています。元気でやんちゃそうなキャラクターになるよう表情などには気をつけました。製作には3週間ほどかかりましたが、全体とのバランスが難しかったシューズに一番時間がかかりました。誰からも愛されるキャラクターに、そして愛してくれるみんなへの感謝の気持ちを忘れずに、羽ばたいてほしいと思います」

今後、藤村さんの願いを胸に、さんだくんは試合会場などでチームを盛り上げていく。

さんだくんのデザインを手に記念撮影する藤村早葵さん(左)と代表取締役の大平雄伸氏

 

【さんだくんプロフィール】
●15歳の元気な男の子。
●食いしん坊で負けず嫌い、恥ずかしがり屋な一面もある。
●好きな食べ物は焼きまんじゅう。
●特技はバスケットボール、早食い、上毛カルタ。
●いつか群馬クレインサンダーズの選手になれると信じて、毎日バスケットボールの連取に励んでいる。
●恩は必ず返し、感謝の気持ちは何があっても忘れない。