NBA&FIBAが開催するスキルアップキャンプ!
アジアのU-19新鋭たちが日本に大集合

バスケットボールウィズアウト・ボーダーズ アジア2012
NBA&FIBA主催の国際的キャンプが日本で初開催

 NBA(全米プロバスケットボール協会)とFIBA(国際バスケットボール連盟)が、グローバルなバスケットボールの発展と地域貢献活動を目的に行っている『バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ~国境なきバスケットボール~』。このアジア版となるキャンプが、6月13日(水)~16日(土)に日本(東京)で初開催される。

 アジアでは、2005年、2006年、2007年、2009年に中国、2008年にインド、2010年にシンガポールで開催され、7回目の今回は日本で初開催となる。また、6月12日(火)には、東京でのイベントに加え、NBAプレイヤーとコーチが、昨年の東日本大震災で被害にあった沿岸部を訪問し、被災地の子供たちを対象にバスケットボールクリニックを実施する。

 4日間のキャンプに参加する選手たちは、アジア、オセアニアの18の国と地域から、NBA、FIBA、参加各国協会により、バスケットボールスキル、リーダーシップ、スポーツへの貢献等を基に選出されたU-19世代のトッププレイヤーたち。キャンプ期間中、参加選手たちは国際交流や友情を深めるため、国籍を越えたチームを構成し、NBAプレイヤー、やコーチ達と一緒に、バスケットボールスキル向上のためのドリルやゲーム、練習等を行う。また、HIV/AIDSの認識と予防の重要性を学ぶなど、日常生活のスキルアップのためのセミナーも実施する。

 これまで、バスケットボール・ウィズアウト・ボーダースの参加選手は100以上の国と地域から1,500人以上を集め、NBAやWNBAの現役・引退選手やコーチ、スタッフはNBA全30チームから130人以上。また参加選手から、NBAドラフトで21名が指名された実績がある。

 4日間のキャンプには、NBAプレイヤーのディケンベ・ムトンボ(NBAグローバルアンバサダー)、サミュエル・ダレンバート(ヒューストン・ロケッツ)、他2名が参加する予定。NBAコーチには、ローランド・ブラックマン(NBAコーチ)、デイブ・ホプラ(NBAコーチ)、ロイド・ピアス(メンフィス・グリズリーズ)、ジェームス・ボレゴ(ニューオリンズ・ホーネッツ)の4名が、FIBAコーチには、世界バスケットボールコーチ連盟会長のパトリック・ハント氏が参加する。

BASKETBALL WITHOUT BORDERS ASIA 2012 開催概要

■名称バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズアジア2012
BASKETBALL WITHOUT BORDERS ASIA 2012

■日程
2012年6月13日(水)~16日(土)

■会場
◎6/13(水)~15(金): 味の素ナショナルトレーニングセンター
◎6/16(土): アメリカンスクール・イン・ジャパン

■主催
NBA(全米プロバスケットボール協会)
FIBA(国際バスケットボール連盟)

■主管
ゼビオグループ
(クロススポーツマーケティング株式会社)

■後援
公益財団法人日本バスケットボール協会

■参加選手(キャンパー)
・18の国と地域(日本含む)計50名
・アジア、オセアニア地域の18ヶ国から選出された18歳以下のトッププレイヤー
・NBA、FIBA、参加各国協会により、バスケットボールスキル、リーダーシップ、スポーツへの貢献等をもとに選出
・日本からは5名の選手が参加(参加者は決定しだい発表)

バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ アジア2012公式サイト