9チームが参加のBリーグ
新リーグの下部リーグ名称は「NBDL」

National Basketball Development League (NBDL)は、9チームによるリーグ戦に

 2013年秋にティップオフする新リーグの下部リーグ(Bリーグ)の名称が、11月14日、日本協会・新リーグ運営本部から発表された。名称は「National Basketball Development League」で、略称として「NBDL」が用いられる。

 リーグ名の由来について運営本部は、9月に発表されたトップリーグ「National Basketball League(NBL)」の下部リーグとして、「NBDL に所属する選手の成長、チームの進化、そしてリーグ自身の発展を願い、“Development”という言葉を用いた」としている。

 このNBDLの2013年シーズンは、下記に示した9チームによって実施される。ロゴデザイン等については後日、発表される。
 
 
リーグ正式名称
National Basketball Development League

リーグ略称
NBDL

リーグ名の由来
我が国のトップリーグであるNBL の下部リーグとして、NBDL に所属する選手の成長、チームの進化、そしてリーグ自身の発展を願い、「Development」という言葉を用いた。

リーグ構成(団体名)
TGI・Dライズ(株式会社リンクスポーツエンターテインメント)
大塚商会アルファーズ(株式会社大塚商会)
黒田電気ブリットスピリッツ(黒田電機株式会社)
東京海上日動ビッグブルー(東京海上日動火災保険株式会社)
東京エクセレンス(一般社団法人カルティベイティブ・スポーツクラブ)
アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城(アイシン・エィ・ダブリュ株式会社)
豊田合成スコーピオンズ(豊田合成株式会社)
豊田通商ファイティングイーグルス名古屋(豊田通商株式会社)
レノヴァ鹿児島(株式会社スポーツフロンティア鹿児島)