11月19日開幕!
大神雄子WCBA参戦に向けて中国へ出発!

大神雄子、WCBA山西フレームへ入団

アメリカ代表マヤ・ムーアとのコンビプレーに期待
「もっとうまくなって日本に帰ってきます」

文・写真/小永吉陽子

山西フレームのガイドブックを手に抱負を語る大神雄子

 43年ぶりにアジア制覇を果たした日本代表のキャプテンであり、JXサンフラワーズの中心選手として12年間にわたり活躍してきた大神雄子が、11月11日、中国女子プロリーグ(WCBA)参戦に向けて中国・山西省に出発した。日本代表の11人は切磋琢磨すべくWリーグにアジア制覇の経験を持ち帰り、日本代表のキャプテンは「日本が発展するために、個人の成長のために」(大神)舞台を海外に移して開幕を迎える。

 所属チームは「山西フレーム(Shanxi Flames)」。場所は山西省の州都である太原(タイゲン)市。北京から約500キロの内陸に位置し、鉱産資源が豊富で重工業が盛んな都市だ。

 山西は2011年度にWCBAに昇格した新興チームであり、昨シーズンはリーグ2年目で初優勝へと大躍進した。その原動力となったのが、今年も山西でプレーするアメリカ代表のマヤ・ムーア(183㎝、SG、24歳、SG)と元韓国代表のチョン・ソンミン(185㎝、PF、39歳)である。

 マヤ・ムーアは名門コネチカット大(UConn)でNCAAトーナメントで2連覇を達成し、アメリカ代表では2010年世界選手権と2012年ロンドン五輪において金メダルを獲得。2013シーズンのWNBAでは、ミネソタ・リンクスを優勝に導いてMVPを獲得している。昨シーズンのWCBAでは、リーグ新記録となる一試合最高60得点(13リバウンド、5ブロック)をマークし、中国全土を驚かせた。

 元韓国代表のチョン・ソンミンは長年、韓国の顔として君臨してきたプレーヤー。昨季はWKBLから退いた直後に山西に入団。一シーズン限りの参戦だったが、持ち味であるクレバーなプレーでチームを支えた。山西でバスケットボール人生の有終の美を飾り、今季は韓国代表のアシスタントコーチとして、バンコクでのアジア選手権ではベンチ入りした。

 これら多国籍な選手たちをまとめあげ、初制覇へと導いたのは、スペイン人のルーカス・モンデーロ ヘッドコーチ。今年のユーロバスケット(ヨーロッパ女子選手権)でスペイン代表を金メダルに導いている。今季は大神をポイントガード、マヤ・ムーアをシューティングガードとして起用するチーム構想を立て、リーグ2連覇を狙っている。

9月の入団決定とともに出来上がったチームガイド。ルーカスHCの次に大神が紹介されている

 WCBAの開幕は11月19日で、3月5日まで4ヵ月にわたって行われる。山西のホームで迎えるオープニングゲームでは、昨シーズン優勝のトロフィー授与式が行われる予定で、韓国代表のアシスタントコーチ、チョン・ソンミンも出席する。

 11月3日にアジア選手権が終了した後、わずかな休息を取ったという大神は、コンディショニングを中心としたトレーニングで汗を流して体調を整えてきた。アジア選手権が行われていたために、WCBAの中でも一番遅くにチームに合流し、一週間足らずで開幕を迎えることになる。司令塔として短期間でチームメイトと息を合わせ、未開の地でパフォーマンスを発揮することは、30歳を越えて新しいチャレンジとなる。技量の発揮とともに、環境適応力が求められる4ヵ月となるだろう。

 マヤ・ムーアをはじめ、オーストラリア代表のローレン・ジャクソン(196㎝、32歳、黒竜江)、アメリカ代表のシルビア・フォーラス(198㎝、28歳、上海)やアメリカのインサイドを背負って立つといわれるブリトニー・グライナー(203㎝、23歳、浙江)らも参戦するWCBA。海外のメジャー選手の進出が目覚ましい中国において、大神がどのようなパフォーマンスを発揮するか注目していきたい。

「中国ではポイントガードを中心に、2番としても点を取ってほしいとヘッドコーチから言われています。スペイン人ヘッドコーチのもと、アメリカ代表の選手がいるチームで、自分をどう表現し、どうゲームを創っていくか、とてもワクワクした気持ちでいます。ガードとしてまだまだ勉強することがあるし、まだまだバスケがうまくなれると思っています。この4ヶ月間を真剣に楽しんで、絶対にうまくなって帰ってきます」(大神雄子)

山西フレーム

チーム名 中国語表記
山西興瑞烈焰女子籃球隊
(興瑞=スポンサー会社名/烈焰=激しい炎という意味のニックネーム)

チーム名 日本語表記
山西フレーム(サンセイ・フレーム)

チーム名 英語表記
Shanxi Xing Rui Flame(シャンジー クロッシング ルイ フレーム)

ホームコート
山西省太原市 (中国読みでシャンジー省タイユェン市)
山西スポーツセンター(山西体育中心)
 
 
2013-2014 スケジュール ( )内は開催地。太原はホームゲーム
◆レギュラーシーズン(12チーム2回戦総当たり 22試合) 試合時間はすべて19:30開始予定
2013年
11/19  vs 八一(太原)
11/23  vs 遼寧(太原)
11/26  vs 浙江(杭州)
11/30  vs 沈部(阜新)
12/3  vs 雲南(太原)
12/7  vs 山東(太原)
12/10  vs 広東(東莞)
12/14  vs 江蘇(張家港)
12/17  vs 北京(太原)
12/21  vs 上海(太原)
12/24  vs 黒竜江(ハルビン)
12/28  vs 八一(鄞州)
12/31  vs 遼寧(丹東)
2014年
1/4   vs 浙江(太原)
1/7   vs 沈部(太原)
1/11  vs 雲南(雲南)
1/14  vs 山東(徳州)
1/18  vs 広東(太原)
1/21  vs 江蘇(太原)
1/25  vs 北京(北京)
1/28  vs 上海(上海)
2/4  vs 黒竜江(太原)

◆プレーオフ・8強戦(2先勝方式)
2月11日~15日

◆プレーオフ・セミファイナル(2先勝方式)
2月18~22日

◆プレーオフ・ファイナル(3先勝方式)

2月25日~3月5日

WCBAサイト
http://sports.sina.com.cn/wcba/
http://cba.gov.cn/cbastats/wcba/default.html
 
 
WCBA関連記事 インタビューコラム(2012年)
 ◆ロンドンへの道――石川幸子 中国奮闘記<1>
 「日本の速さは生かせる。そのためには対応力と経験が必要」
 ◆ロンドンへの道――石川幸子 中国奮闘記<2>
 「かけがえのない海外での経験。今度は自分が伝える役目」