山口県周南市で開催
女子インカレは松蔭大が8年ぶり2回目の優勝。2位は大阪体育大

MVPは、得点、アシストで縦横無尽の活躍を見せた篠崎澪(松蔭大4年)が受賞

 山口県周南市で開催された女子インカレ(第65回全日本大学バスケットボール選手権 女子)。11月24日は決勝戦が行われ、松蔭大が8年ぶり2回目の優勝を飾った。

 第3シードの松蔭大(関東2位)は、準決勝で関東1位の白鷗大を79-70で破って決勝へと進出。一方、昨年の覇者で第1シードの大阪体育大は、関東3位の早稲田大を69-65で下して決勝へとコマを進めた。

 決勝戦は初の2年連続優勝がかかる関西王者・大体大と、関東2位の松蔭大の対決。序盤は、松蔭大が#5篠崎澪、#8内野智香英の1対1でリズムをつかむ。対する大体大も、集中したディフェンスをしき、インサイドの#6金本望、#11出水田理絵らがリバウンドを制して前半を39-35とリードして折り返す。

 第3ピリオドに入ると、松蔭大はエース#5篠崎がたぐいまれなバスケットセンスを発揮してチームを牽引。チームは連続15得点をあげてリードを奪い返した。大体大も#4唐津亜耶、#5奥原左智、#8落合千里らでしぶとくくらいついたが、相手エースの篠崎を抑え切れない。試合は82-78で松蔭大が制し、8年ぶりの歓喜に包まれた。篠崎は39得点、8アシストをマークして、見事チームを日本一に導いた。

第65回全日本大学バスケットボール選手権大会 
  女子大会結果
 

女子会期/11月19日(火)~11月24日(日)
会  場/山口県周南市:キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター

【順位】
  優勝 松蔭大(8年ぶり2回目の優勝)
  準優勝 大阪体育大
  3位 白鷗大
  4位 早稲田大
  5位 拓殖大
  6位 専修大
  7位 愛知学泉大
  8位 西南女学院大

【個人賞】
  最優秀選手賞(MVP)/篠崎 澪(松蔭大4年/#5)
  敢闘賞/落合 千里(大阪体育大3年/#8)
  優秀選手賞/五十嵐 えり(松蔭大4年/#6)         
           内野 智香英(松蔭大3年/#8)       
           出水田 理絵(大阪体育大3年/#11)       
           落合 里泉(白鷗大4年/#4)       
           本多 真実(早稲田大4年/#9)
  得点王/篠崎 澪(松蔭大4年/#5) 126点
  3ポイント王/五十嵐 えり(松蔭大4年/#6) 14本
  リバウンド王/出水田 理絵(大阪体育大3年/#11) OR:25  DR:50  TOT:75
  アシスト王/落合 里泉(白鷗大4年/#4)23本
  MIP賞/川原 ゆい(西南女学院大4年/#4)

【試合結果】
■決勝
 松蔭大 82 (21-21、13-18、25-16、23―23) 78  大阪体育大

■3位決定戦
 白鷗大 85 (18-11、27-20、21-16、19-21) 68 早稲田大

■準決勝
 大阪体育大 69 (13-17、23-18、20―6、13-24) 65 早稲田大
 松蔭大 79 (26-21、15-17、12-17、26-15) 70 白鷗大

■準々決勝
 大阪体育大 83 (21-20、13-18、23-17、26-6) 61西南女学院大
 白鷗大 78 (21-15、20-13、18-19、19-28) 75 愛知学院大
 松蔭大 74 (12-20、23-14、19-22、20-8) 64 専修大
 早稲田大 104 (28-10、20-32、27-20、29-21) 83 拓殖大

■5~8位決定戦
 拓殖大 75 (18-18、19-13、25-21、13-20) 72 西南女学院大
 専修大 65 (17-15、13-15、19-12、16-8) 50 愛知学泉大

■5位決定戦
 拓殖大 70 (17-22、20-13、21-13、12-19) 67 専修大

■7位決定戦
 愛知学泉大 63 (12-15、10-16、10-11、21-11、10-8) 61 西南女学院大

◆全日本大学バスケットボール連盟公式サイト