レギュラーシーズン通算得点
和歌山#9川村卓也選手が通算5,000得点を達成

3月8日、和歌山トライアンズの川村が通算5,000点をマークした。試合は、69-83で東芝神奈川の勝利となったが、翌9日には和歌山が100-86で勝利した(写真提供:和歌山トライアンズ=2点ともに)

トップリーグ在籍9シーズン目。ランキング1位は折茂武彦(北海道#9)

 和歌山トライアンズの川村卓也選手が、3月8日の東芝ブレイブサンダーズ神奈川戦で13得点をあげ、JBLを含めトップリーグ在籍中におけるレギュラーシーズン通算5,000得点を達成した。過去の日本リーグ時代から試合数が増えている背景はあるが、国内トップリーグ所属9年目での5,000得点は、史上最年少となる。なお、和歌山トライアンズは、すでにカンファレンスのプレーオフ進出を決めている。

【通算5,000得点達成選手一覧】(2014年3月8日開催試合終了時点)

氏名(所属)  5,000得点達成時(達成シーズン/所属チーム/所属年数/年齢)   キャリア通算得点

◆折茂武彦(北海道#9) 2007-2008 JBL/レラカムイ北海道/15年目/37歳8カ月 
    8,327得点 (今シーズン232得点)

◆桜木ジェイアール(アイシン三河#32) 2010-2011 JBL/アイシンシーホース/10年目/34歳11カ月
    7,109得点 (今シーズン418得点)

◆チャールズ・オバノン  2009-2010 JBL/トヨタ自動車アルバルク/10年目/35歳11カ月
    6,306得点 (今シーズン所属なし)

◆高橋マイケル(トヨタ東京#34) 2010-2011 JBL/トヨタ自動車アルバルク/15年目/36歳4カ月 
    5,727得点 (今シーズン225得点)

◆ロン・へール  2012-2013 JBL/三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ/10年目/35歳1カ月 
    5,284得点 (今シーズン所属なし-)

◆川村卓也(和歌山#9) 2013-2014 NBL/和歌山トライアンズ/9年目/27歳10カ月 
    5,006得点 (今シーズン643得点)
 
 

川村卓也選手(和歌山トライアンズ#9)のコメント

勝負強いシュートセンスで5,000得点を達成した川村選手。国内トップリーグでは所属9年目は史上最年少

「これからも得点にこだわっていきたい。次の目標は10,000点」

「ここまで9年間、いろいろありましたが、得点にこだわってここまで来ました。和歌山で達成することができたのは何かの縁だと思いますし、このチームで達成できたのも縁だと思います。9年越しに5,000得点というのは多いのか少ないのか自分ではよく分からないですが、これからも現役を続けて大きな記録につなげられるようにしていきたいです。まだまだ引退はされていないですが折茂さん(北海道#9)を超えられるように、追いつけ追い越せという気持ちをもってどんどん得点を増やしていきたいと思います。ともに戦ってくれている仲間やいつも応援してくださっている皆さんに感謝して、次は現役中に10,000点めざしてがんばります」
 
◆NBL公式サイト