2014年3月15日:日本協会発表
もうあとがない!2016年スタート「3階層プロリーグ」とは

JBAが宣言した「プロリーグ宣言」を解明する

もうあとがない!
2016年スタート「3階層プロリーグ」とは

 
2月11日、日本バスケットボール協会(JBA)が「2016年にプロリーグを設立する」ことを決定した。
過去に何度も頓挫してきたプロリーグ構想。
これまで「プロ」と呼べなかったトップリーグを「プロリーグにする」と宣言した意志は本物なのか。
「プロリーグ宣言」の意志と内容を、3月15日の記者会見とJBA丸尾充副会長のインタビューから明らかにしたい。(丸尾充氏のインタビューは次のトピックスで掲載)
 
文・写真/小永吉陽子
 
 

日本協会が決定したプロリーグが2016年に開幕

<図1>2016年に設立される3階層のプロリーグ構造イメージ

日本バスケットボール協会(JBA)が2014年2月11日の理事会において、「2016年に新たなプロリーグを設立する」ことを決定した。この件については一部メディアでは先行で報道されていたが、3月15日にようやく正式記者会見が開かれた。

プロリーグ設立に向けては、これまで何度も同じ過程を繰り返しては頓挫しているだけに、「またか」「今度は本気なのか」と思った方は多いだろう。記者会見に臨むこちらも実際に聞くまでは疑問だらけだったし、現段階で全貌が決まったわけではない。ただ、今後に進むべき方向性は打ち出されたといえる。

会見の主旨は、「Pリーグならびにリーグ構造検討プロジェクト答申」という内容で進められた。つまり、「Pリーグが立ち上がる2016年にトップリーグを “プロリーグ” としてスタートする」という宣言だった。Pリーグ(仮称)の設立はNBLが開幕したときから2015年を目途に予定していたことで、その実施には1年遅れるが、2016年からスタートすることが発表されたのだ。
 
 

「Pリーグ」とはNBLとbjの併存状態を解消し、
それぞれのリーグ形態を白紙にして設立するプロリーグ

<図2>NBL設立時における2015年Pリーグ化への移行イメージ

そもそも、Pリーグとは何か――。

今シーズンに立ち上がったNBLは、一気にプロリーグ化へと進むことはできず、「ステップを設けて段階的に理想形へと進化していくリーグ」という構想のもとでスタートしたリーグだ。

2013年度はステップ1の移行期にあたり、2年後の2015年を目途にステップ2として、「P・A・B」の3階層からなるトップリーグを作ることを目指していた(図2参照)。その3階層の頂点が「Pリーグ = 先端推進リーグ」である。Pリーグがプロリーグ化されれば、bjリーグも参入に向けて前向きに検討することは表明していた。会見の席で深津泰彦・日本協会会長職務代行(6月に会長就任予定)はこのように強調した。

「新しくできるプロリーグは、NBL、NBDL/bjリーグの併存状態を解消し、それぞれのリーグ形態を白紙にして作る日本に一つだけのプロリーグです」

会見で明らかになった「Pリーグならびにリーグ構造検討プロジェクト答申」の主な内容は以下の通りだ。
 
 

「Pリーグならびにリーグの構造検討プロジェクト答申」より抜粋

◆2014年3月15日発表 「Pリーグならびにリーグ構造検討プロジェクト答申」 (全文)

●男子代表の強化と男子の発展を実現する明確なリーグ階層構造のもと、トップリーグをプロリーグとする。

●2016-2017シーズンから全国リーグの構造を3階層とし、Pリーグを全国1部(トッププロリーグ)、Aリーグを全国リーグ2部(育成リーグ)、Bリーグを全国リーグ3部(普及オープンリーグ)とする。そのうち、PリーグならびにAリーグをプロリーグとして運営する。

●現在のトップリーグ(NBL/NBDL)とプロリーグ(bjリーグ)の併存状態を解消する。

●Pリーグ・Aリーグ(プロリーグ)のチームを保有する法人は、バスケットボール事業・興行を主たる事業目的とする株式会社であること。

●JBAによる一般社団法人日本バスケットボールリーグ(NBL)ならびに日本バスケットボール育成リーグ(NBDL)へのAリーグならびにBリーグの諸権利の委譲は2015-2016シーズンをもって終了する。

●JBAにおける株式会社プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)の認定団体登録は2015-2016シーズンを持って終了する。

●今後は「プロリーグ設立準備室」ならびに「リーグ構造改革推進室」にて検討会議を重ねてリーグ運営の成案を作る。それをもとに、2シーズン続く中で各チームが参入を検討していく。プロリーグ参入の申請は2015年6月末締切。2015年7~8月に参加チームが決定する。
 
 
◆次のページでは、「プロリーグ宣言」した理由と東京オリンピック開催地枠について。
 
 

1 / 212