日本協会発表
日本協会が「統一プロ化に向けた話し合いスタートの合意」を発表

6月21日、日本バスケットボール協会は理事会と評議委員会を開催し、2016年のプロリーグ創設に向けて、日本協会と株式会社日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)、さらに日本バスケットボールリ-グ(NBL/NBDL)との三者間で話し合いをスタートさせることに合意したと発表した。以下が、発表内容だ。

■話し合いをスタートさせるための前提と今後の進め方        

1. 話し合いをスタートさせる前提

 1) 協会として、bjリーグのこれまでの日本バスケットボール界への貢献についてリスペクトすると同時に、
    統一されたプロリーグの創設については、当協会が責任を持って実行する。

 2) 2016年にスタートさせる新しいプロリーグは、bjリーグ及びNBL、NBDLが統一された一つのプロリーグとする。
    2016年の統一を控え、2015年についても可能であれば交流試合を行うことも検討する。

 3) 新リーグは新法人を設立して運営する。

 4) 統一リーグ創設の証として、当協会の役員にbjリーグ関係者を新任する(予定)。

 5) 具体的な内容は、新設する設立準備室「新リーグ設立準備室」において、各リーグおよびチームの意見を
    十分に採り入れて検討していく。

2. 話し合いの進め方について

 1) リーグ設立に向け、JBA、bjリーグ、NBL(およびNBDL)および有識者(公平性、公益性、公正性を
    確保するために中立的な立場として)を推進メンバーとする。必要に応じて川淵氏にも参加していただく。
    【メンバー】 JBA:深津泰彦会長、NBL:丸尾充理事長、bjリーグ:河内敏光コミッショナー
           有識者:杉山茂スポーツプロデュ-サー、小寺経営支援アドバイザー

 2) 「新リーグ設立準備室」を設立し、具体案を作成する。
   各リーグ、各チームの代表者および、有識者も参加する会議体とする。

 3) 可及的速やかに話し合いをスタートさせる。

 4) 会議の内容については、出来る限り公開を行う。
 
 
◆日本バスケットボール協会サイト