タスクフォースメンバー10名が決定
タスクフォース「JAPAN 2024 TASKFORCE」が始動

左からパトリック・バウマンFIBA事務総長、日本サッカー協会の川淵三郎氏、FIBAのインゴ・ヴァイス氏(写真/小永吉陽子)

第1回会議を都内で開催。会議後にバウマンFIBA事務総長らが会見”

 バスケットボール界の長期的なビジョン・目標を作り、実行していくためのFIBAタスクフォース「JAPAN 2024 TASKFORCE」が立ち上がった。

 「“2024”は10年後、日本のバスケットボールのあるべき姿を共有し、2020年夏の東京オリンピックはもちろん、その後の2024年夏の五輪でも継続して日本代表が活躍するためにタスクフォースを行うという気持ちを込めている」とパトリック・バウマンは説明する。

 「JAPAN 2024 TASKFORCE」はこのプロジェクトの方向性と決定権を持つ立場で、その下にFIBAから出されている3つの課題についてのワーキンググループ(実働部隊)を設けて実務にあたる。それぞれの責任者として、〈1〉トップリーグ問題責任者は川淵三郎氏、〈2〉日本協会ガバナンス責任者は、インゴ・ヴァイス氏、〈3〉代表強化の責任者はインゴ・ヴァイス氏が担当する。 

■タスクフォース設立の背景と趣旨

 これまでバスケットボール界は様々な問題・課題に対し、多くの議論を重ねている。しかし、内部関係者だけによる議論では、根本的な解決や合意形成には至らず、結果、2014年11月にFIBA加盟国協会としての資格停止処分を受けるというもっとも大きな困難に直面した。

 「JAPAN 2024 TASKFORCE」はこの出来事を日本バスケットボール界が変革するための大きな機会と捉え、議論を進めていく。

■タスクフォースのアジェンダとスケジュール

1 男子2リーグの統合
 “FIBA Official Basketball Rules”に従い、JBAの傘下で運営されるトップリーグ(1リーグ)を創生し、国内全体でリーグを成長させる。

2 日本バスケットボール協会(以下JBA)のガバナンス強化
 機能的、効果的、時代の先端を行くJBAの組織を再構築する。

3 日本代表(男子・女子)の強化体制確立
 具体的に実行可能な長期プラン(2024年までカバーするもの)を策定。

主に上記の1~3について、以下3点について議論し、その経過を公開していく。
  A:目標とする理想像
  B:Aに至る経過措置策
  C:Bの期間の設定   

会合スケジュール(予定)

1月下旬:第1回ミーティング
3月上旬:第2回ミーティング
3月下旬:第3回ミーティング
4月下旬:第4回ミーティング
5月下旬:第5回最終ミーティング
6月下旬:FIBA Exective Board Meeting

■FIBAタスクフォース「JAPAN 2024 TASKFORCE」メンバー

 川淵三郎/公益財団法人日本サッカー協会 キャプテン(最高顧問)
 インゴ・ヴァイス/国際バスケットボール連盟(FIBA)、セントラルボードメンバー
 青木剛/公益財団法人日本オリンピック委員会副会長 兼 専務理事
 岡崎助一/公益財団法人日本体育協会 専務理事
 梅野哲雄/公益財団法人日本バスケットボール協会 会長職務代行
 林 親弘/株式会社東芝 バスケットボール部 ブレイブサンダース部長
 木村達郎/沖縄バスケットボール株式会社 琉球ゴールデンキングス代表取締役社長
 萩原美樹子/早稲田大学 バスケットボール部 女子部ヘッドコーチ
 中村潔/株式会社電通 執行役員
 境田正樹/四谷番町法律事務所 弁護士

【オブザーバー】
 久保公人/文部科学省 スポーツ・青年局 局長
 パトリック・バウマン/国際バスケットボール連盟(FIBA)事務総長
 
 
◆「JAPAN 2024 TASKFORCE」公式サイト