大会1日目レポート
アジアカップ開幕。日本はカタールに73-69で辛勝

リバウンドと終盤のミスが課題ながらも、「勝ててホッとしている」とキャプテンの桜井良太


 
9月14日(金) 予選ラウンド第1日目
 
■A:レバノン 120(32-17.30-8.30-8.28-18)51 マカオ
1勝0敗                      0勝1敗

■B:イラン 83(23-17.17-20.24-21.19-13)71 インド
1勝0敗                      0勝1敗

■A:中国 71(18-15、22-18、14-23、17-12)68 フィリピン
 1勝0敗                     0勝1敗

■B:日本 73(24-15、17-21、20-14、12-19)69 カタール
 1勝0敗                     0勝1敗
 
  

日本はカタール相手に初戦を飾る
U22世代で臨むの中国がフィリピンに、イランがインドに勝利

 
第4回FIBAアジアカップが東京・大田区総合体育館で開幕し、予選ラウンド4試合が行われた。

グループAでは、レバノンがマカオに120対51で圧勝。また18歳~22歳の若手メンバ-でチーム編成をしてきた中国は、71対68でフィリピンを辛くも退けた。最大11点のリードを奪った中国は、終盤にフィリピンに詰め寄られたが、勝負どころで3ポイントが決まり逃げ切った。

グループBでは、日本がカタールに73対69で辛勝し、白星発進した。第4Q早々に16点のリードをつけた日本だったが、カタールの思い切りのいい3ポイントとリバウンド力にジワジワと押し切られ、残り27秒には2点差に。しかし、ディフェンスでプレッシャーをかけた日本がファウルゲームに持ち込むカタールを振り切って勝利した。グループBのもう1試合は、イランがインドに83対71で勝利した。

大会2日目、日本は16:30からチャイニーズ・タイペイと対戦する。
  
 
■カタールに勝利した日本代表:鈴木貴美一ヘッドコーチ
「リバウンドとミスの多さが課題だが、相手を60点台に抑えたのはよかった」

もっと楽に勝てた試合でした。リバウンドが取れなかったのとターンオーバーが出てしまいましたが、若い選手たちがつないでくれて、トータルで勝つことができたのは良かったと思います。若い選手が勝負所で活躍してくれたのが、今日うれしかったところです。

得点が68点から伸びなかった理由は、相手がガードのところからプレッシャーをかけてきて、それに対して浮き足立ってしまったこと。プレッシャーに対してはいい動きもあったけれど、弱気になってミスもあった。そこでは具体的に動き方を指示しました。

ゲームのテンポやゲームの入り方は悪くなかった。ただリバウンドが取れなかったときの技術だとか、勝負所や大事なところでミスが起きてしまったところがあったので、70点くらいの出来だと思います。ディフェンスとしては60点台の抑えているし、けっこう走れた部分もあるし、ディフェンスリバウンドを頑張って取った場面もあったので、そういった意味では70点くらいかなと思います。

ジョーンズカップでは武者修行とはいえ、25点差で負けましたので、リベンジする気持ちで最初からきちっとやりたいと思います。
 
 
■#11桜井良太キャプテン
リバウンドで圧倒されながらも辛勝。「初戦を勝ち切ったことは大きい」

まずは勝ってホッとしています。バタバタした時間帯があって、最後は僕のパスミスも出て焦りました。リバウンドで圧倒されながらも何とか逆転されずに逃げ切ることができ、それが初戦でできたのは大きかったです。カタール戦では毎試合、リバウンドで負け、セカンドショットでやられていますから。

第1Qはリバウンドが取れていましたが、第2Qあたりから取れなくなったのは、やるべきことをやっていなかった部分と、相手のインサイドの選手が何度もチェックしてセカンドショットを決められたから。そこが反省点です。

(3点差、2点差に詰められた終盤)ガードとして気をつけたのは、簡単なターンノーバーをしないこととディフェンスで受け身にならないこと。あの時間帯でディフェンスを当たると、相手も後手に回ると思いました。(最後は)正直、ビクビクしながらボールをキープしていました。相手ミスにも助けられました。桜木選手がいる分、いったんボールを預けてそこからプレイを始めることができるので、あまり頼らないと決めていても、最後は助かる部分がありました。

明日はチャイニーズ・タイペイ戦。前に負けている悪いイメージを払拭する意味でも、この初戦に勝った意味は大きいと思います。明日は、堅さもとれて、いい気持ちでゲームに入れると思います。タイペイ戦は、#10をしっかり止めたいです。リバウンドは今日よりは楽になると思います。
 
 
◆大会公式サイト(日本語)
◆大会公式サイト(FIBA ASIA)
◆日本代表特設サイト(日本バスケットボール協会)