女子4強、男子8強が激突
女子・準決勝、男子・準々決勝 結果

4年ぶりの決勝進出を果たした大阪体育大

女子準決勝、早稲田は拓殖大に快勝、大阪体育大は筑波大を突き放す。男子は4強が決定

 11月19日に開幕した第64回全日本大学バスケットボール選手権大会。大会5日目の23日は女子準決勝2試合が行われ、早稲田大が拓殖大に快勝。また大阪体育大が筑波大を退けて決勝へと勝ち進んだ。一方、男子は準々決勝4試合が行われ4強が確定。明治大、近畿大、東海大、青山学院大がそれぞれ準決勝へとコマを進めた。11月24日の女子決勝は、早稲田大vs大阪体育大のカードで行われる。
 
  
■女子準決勝
早稲田大 77(28-15、18-20、16-15、15-18)68 拓殖大
大阪体育大 65(22-10、10-15、17-14、16-15)54 筑波大

■女子5~8位決定戦
樟蔭大 60(8-19、18-13、20-17、14-8)57 大阪人間科学大
白鴎大 69(19-15、11-13、19-10、20-11)49 愛知学泉大

■男子準々決勝
明治大 78(20-13、11-18、28-18、19-26)75 専修大
近畿大 60(14-14、15-9、13-12、18-24)59 筑波大
東海大 91(28-13、27-17、19-17、17-16)63 日本大
青山学院大 78(12-10、16-19、28-9、22-28)66 大東文化大
  
  
◆全日本大学バスケットボール連盟 公式サイト
 
◆日本協会 インカレ特設サイト